日誌

令和元年度新規日誌

学校公開日、暑い中ありがとうございました。

 5月17,18,19日の3日間、学校公開日として述べ500名以上の地域の方々が南中学校においで頂きました。
来校された方からは、「元気にあいさつをしてくれて気持ちよかった。」「廊下や教室がきれいでロッカーなども整頓されていて素晴らしかった。」「清掃が行き届いていた。先生の話をみんな熱心に聞いていて素晴らしいと思った。」などの感想をいただきました。
さらに、南中学校の”あいさつ、清掃、合唱、授業”を極めていけるように取り組んでまいります。
ご来校いただきました方々をはじめ、受付などご協力をいただきましたPTAの方々には心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

避難訓練の成果

 本日、12時12分吉川市、震度3の地震が発生しました。授業中でもあり、子どもたちは混乱していないか、とても心配でした。揺れと同時に教室を走ってまわりました。教室は、静かで生徒の姿は見えないのです。「あれっ」と思い、よく見てみるとみんな机の下に入り、第1避難行動をとっていました。すばらしい!!
避難訓練の成果ですね。
 本日から19日(土)まで学校公開日となっております。自由に授業を見ていただけます。なお、駐車場はございませんので、お車でのご来校はご遠慮ください。

写真は避難訓練時のものです。

お世話になりました。

 本日(11日)、離任式が行われました。昨年度お世話になった先生方がいらっしゃってくださいました。それぞれの先生方から、1ヶ月間南中学校から離れてみて、改めて南中学校の良さをお話しいただきました。「南中学校は、みんな当たり前のように挨拶をしてくれる。南中学校にいるときには感じなかったが、外に出てみるとすごいことだと分かった。」こんなお言葉をいただきました。
すごいことでも、そこにいると当たり前に感じてしまう。そんな場所が南中なんです。
これから異動された先生方がいつ、いらっしゃっても当たり前に挨拶のできる南中でありたいですね。
先生方、お世話になりました。そして、いつでも南中学校のあいさつを聴きにきてください。

GW前半 南中パワー全開

 GW前半、南中生は様々な場所でパワー全開頑張っています。互いに高めあう。そこには、相手に対するリスペクトが生まれます。相手がいるからいろいろなことに気づけるのです。相手に礼をつくす。
自分たちの荷物をかばんのチャックを閉め、きちんと並べることにも大きな意味があります。
演奏を聴いてくださる方に感謝!試合をしてくれる相手に感謝!大会を運営してくださる役員に方々に感謝!そして、君たちの応援をしてくださる保護者の方々に感謝の気持ちを忘れずにパワー全開で南中生は頑張ります。

自転車登校

 南中学校の前の道は、登下校時、自転車の長い列ができることがあります。何十人もの生徒が左側の車道を1列で自転車登校します。そして、校門前の横断歩道を渡って学校に入ってきます。
生徒たちが車が来たので横断歩道前で止まって車が通り過ぎるのを待っていると、何台もの車が横断歩道の手前で止まるのです。生徒たちを先に渡るように促してくれるのです。「ありがとうございます。」自然に生徒は、運転手にお辞儀をして横断歩道を渡ります。”子どもたちは地域から学ぶ”自然に子どもたちは、譲り合いの精神を学んでくれます。ありがとうございます。
門の中では、生徒会の生徒がすがすがしい朝のあいさつ運動をしてくれています。

屋外プール

    一昨日の雨で南中学校の校庭は屋外プール状態になります。しかし、本日の朝練では、多くの部活動がグランドの水抜きや整備をしています。先日のプールのような状態はあっという間になくなります。
 南中の生徒は、グランドが使えることへの感謝の気持ちを雨が降るたびに感じています。今の環境をマイナスな状況と考えず、自分にとってプラスの思考に変えることは、より多くの可能性を広げることに繋がります。

心を磨く

 今日は、清掃についてです。南中学校の清掃は、無言清掃です。そして、膝をついて雑巾かけを行います。本当にどの生徒もしっかりと取り組んでいます。
日々の清掃によって、心が磨かれていきます。そして、清掃は靴を揃える・挨拶をするとともに、「心のコップを上に向ける」大切な要因の一つです。心のコップが上を向いている人は、何事に対してもやる気があり、いろいろなことを吸収しようとします。
南中生は清掃で日々、心を磨いています。

朝の大切な10分間

 
  南中学校では、朝の10分間を朝読書の時間にあてています。部活動の朝練習で元気良く活動していた生徒たちが、朝読書に時間には、私語がなく、みんな真剣に読書を行っています。読書を通して自分自身を見つめ直し、創造する力を高めて、豊かな心が育まれます。読書は、語彙力や表現力を高め、コミュニケーション能力や学力の向上につながります。そして、読書後の落ち着いた状態から、1時間目の授業がスタートします。この10分間の毎日の積み重ねが大きな力になっていきます。

自分の目で確認

 1年生も入学後2週間が過ぎました。学校生活にも徐々に慣れ、授業にも意欲的に参加する姿が見受けられます。
登校では、まだ、慣れないところはありますが、交通ルールを守り安全に通学しています。誘導の先生方もいますが、大切なことは、自分の目で見て確認することです。校門前の横断では、しっかり前後を確認して横断しています。

当たり前のことが、すごいこと。

 本日、昼休みに何気なく校舎内を歩いてみると、どの学年でも共通点があることに気付きました。それは、どの学年も蛇口の口が下を向いていることです。次に使う人が自分に水がかからないように、使いやすいように蛇口を下に向けているのです。そして、どの学年でも当たり前のようにされているのです。素晴らしい。当たり前のように、下駄箱の靴は踵がそろい。当たり前のように、朝読書は時間に始まり、当たり前のように・・・・・・。
昨日は、避難訓練。本日、3年生は全国学力学習状況調査が行われました。お疲れ様。
毎朝、生徒会の人が校門であいさつを交わしてくれています。ありがとう。