日誌

けもの道

 今日のホームページは、ちょっと番外編です。いつもなら学校の教育活動や生徒の話なのですが、そうではないのです。いったい何の話かというと、タヌキの話です。それは、1月7日(金)の始業式の朝のこと。先生方が凍結した昇降口や階段の雪かきをしていると、その横をタヌキが悠然と通り過ぎて行ったのです。アライグマでもなく、ましてやレッサーパンダでもありません。間違いなくタヌキなのです。正直言って、町中にある南中学校にタヌキが住んでいるとは、想像できませんでした。ということで、今日のホームページは自然豊かな南中学校の紹介でした。(あの後、タヌキはどこに行ったのかな?)