ブログ

職員からのメッセージ13(2学年国語担当)

 「感染を恐れること、外に出られないもどかしさ、学校に行きたいと思うこと、自分で一日の計画を立てること、目に見えない敵や先の見えない怖さ……」

 今、目の当たりにしている状況に戸惑うことが多いと思いますが、世の中にはこれに似た問題にこれまでもずっと日々向き合ってきた人々がいます。(戦争によって、被災によって、病によってなど)そういった意味では、今回初めてこうした状況を体感した人がいるとするなら、それは大きな学びの一つとなると思います。

 とはいえ、平穏無事な生活を願うのは皆同じ。それぞれの形で頑張っていることと思いますが、もし不安が大きくなりそうなときには、今目の前に在るものに心をとめてみましょう。先を見過ぎず、立ち止まって、じっくり考えたら、今まで見落としていたよいものが見えてくるかもしれません。

 今できないことは後の楽しみに残して、今できることで前向きに過ごしていてくれたらと思います。