お知らせ

「新 彩の国 体つくりチャレンジプログラム」の動画配信について

(埼玉県教育委員会)

このプログラムは、運動する機会を増やし、児童・生徒の体力向上を図ることを目的として作られました。

 

「新 彩の国 体つくりチャレンジプログラム」の動画配信(埼玉県ホームページ)

 

「中学校・高等学校版 ステップアッププログラム」(YouTube)

 

掲示板

メンタルヘルスについて

保護者のメンタルヘルスについて

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、長期の臨時休校となっており、保護者の方には多大なるご負担があると思います。

 子供のメンタルヘルスにとって、保護者の心身の安定が第一です。これより、保護者ご自身のメンタルヘルスについてお知らせします。

 

① 保護者ご自身が、よい体調を維持できるように努めましょう。

   周りの大人が落ち着いていれば、子供は安心し、落ち着きます。

② 正しい情報を公的なホームページなどから得るようにしましょう。

③ 不安をあおるような報道情報に接する時間を減らし、心配や焦りを減らしましょう。

④ 家族や親せき、友人などの親しい人と話す時間をもち、孤立しないようにしましょう。

⑤ 過去に大きなストレスを感じながら乗り越えた経験を思い出しましょう。

⑥ 気持ちを落ち着けるために、アルコールやタバコ、あるいは病院で処方されていた薬以外の医薬品やサプリメントに過度に頼らないようにしましょう。

   我慢できない場合は、スクールカウンセラーに相談してください。

⑦ ご自身の心理的な状態を把握するように気をつけましょう。

   ストレスで生じる反応には、気持ちの変化や体調の変化など様々なものがあり、日常生活に支障がでる場合もあります。このような反応が普段よりも強く出た場合は、休息をとり、必要に応じて専門機関に相談しましょう。

⑧ 必要なときに、相談できる専門機関をあらかじめ調べておきましょう。

 

埼玉県教育委員会資料より

保護者のみなさんへ.pdf

子供のメンタルヘルスについて

 新型コロナウイルスについて、連日、報道で大量の情報が流されています。

 また、感染拡大防止のため学校が長期休業となり、子供の行動が制限され、保護者や子供に多大なストレスが加わっています。

 つきましては、子供へ接する際に心がけていただきたい点について、お知らせいたします。

 

 ①子供が、よい体調を維持できるよう努めましょう。

  規則正しい生活と十分な睡眠、バランスよい三食、そして「3密」に気をつけた適度な運動

 ②正しい知識を子供にわかりやすく伝えましょう。

 ③不安をあおるような報道情報を減らしましょう。

 ④親しい人と話す時間をもち、孤立しないようにしましょう。

 ⑤子供のストレスに伴う心理的な反応に気をつけましょう。

 ⑥障害のある子供は、障害の特性に応じた配慮が必要になります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

子供のメンタルヘルス対応について.pdf

掲示板

動画メッセージ

お知らせ

 感染者、濃厚接触者とその家族、新型コロナウイルス感染症の対策や治療にあたる医療従事者や社会機能の維持にあたる方とその家族等に対する偏見や差別につながるような行為は、断じて許されるものではありません。そのため、学校では、新型コロナウイルス感染症に関する適切な知識を基に、発達段階に応じた指導を行い、このような偏見や差別が生じないように十分に配慮していきます。
 また、子供や保護者等が新型コロナウイルス感染症を理由としたいじめや偏見等に悩んだ場合の相談窓口として、「24時間子供SOSダイヤル」等を活用することもできます。

 なお、医療従事者や社会機能の維持にあたる方とその家族等社会機能の維持にあたる方を家族に持つ児童生徒等を、医学的な根拠なく自宅待機とするような措置をとることは不適切であり、あってはならないことと考えています。

掲示板

新型コロナウイルス感染防止