日誌

2021年11月の記事一覧

期末テスト初日

 とても冷え込んだ今日の朝。朝早くに出勤する用務員さんの車のフロントガラスは凍ていたとのことです。

 そんな寒い朝、いつもどおり生徒たちの登校風景がありました。しかし、表情は幾分固い。今日は、期末テスト初日。たくさん勉強しても、やはり不安のよう。

 そんな不安のある生徒を励ますべく、今日はPTAのあいさつ運動のため保護者数名が正門に立ってくれました。

 正門では、「おはよう」「おはようございます」の掛け声が大きく響いていました。

 さあ、大事なテスト。力を出し切り、ベストを尽くせ! 南中生!

 

 

 

0

面接練習終了!

 11月26日(金)をもって、予定していた3年生の校長面接が終了しました。もちろん、都合により実施できていない生徒もいるので、全生徒が終了したわけではありません。それでも、当初予定していた面接練習は無事終了しました。面接練習では、所作や受け答えの仕方などといった面接の基本を学びました。少し緊張した面持ちで校長室に入ってくる3年生、「あなたの夢は何ですか?」と聞くと、それぞれの夢を教えてくれます。夢を語っているときの若者は、とっても輝いている。面接練習では、そんな素晴らしい3年生の話が聞けて、とても嬉しかったです。高校入試で面接試験のある人もいれば、大学受験や就職試験の時に面接試験のあるという人もいることでしょう。この練習の成果を生かしてくれればと思います。

0

混在

 11月25日(木)、朝の最低気温は2℃でした。今シーズン、最も寒い朝でした。さて、そんな日のタイトルは「混在」です。いったい何が混在しているのかわかりますか?(ヒントは、写真の中にあります。)

 答えは、制服の冬服と夏服の混在です。今朝はひとけたの気温です。私などはダウンジャケットを着ていなければいられないほどです。しかし、それに対して、ワイシャツのそでをめくりあげ、半そで姿に自転車で登校している生徒もいるのです。さすがに寒くないのかなと声をかけてみると、「全然平気です。」とニコニコしている。子供は風の子というけれど、そろそろ冬服じゃないかな~。風邪をひかないでね。

0

ぜひ、ご覧いただきたい。

 今、南中学校の2階昇降口や階段等に生徒が書いた絵やイラスト画が飾られています。美術部や美術の授業でつくられた作品です。折しも、12月には学年ごとの保護者会と授業参観が実施されます。コロナ禍で、なかなか保護者の皆様にお見せできなかった校内の様子を、ぜひご覧いただければと思っています。

0

3年間の積み重ねがなせる技

 今日の写真は、2つの異なる学年の保健体育の写真です。よく見ないとわからないのですが、片方は1年生、もう片方は3年生です。どちらの学年もソフトボールをやっています。さて、3年生のソフトボールを見ていて、とても感心しました。それは、ちゃんと試合になっているということです。当たり前と思われる方もいるかもしれませんが、野球やソフトボールは、ルールが複雑です。しかも、今の時代では物を上から振りかぶって投げることも、バットを振って打ち返すことも、ましてや広い場所で草野球をして遊ぶこともないのです。だからこそ、3年生の女子が投げて、打って、守っている姿を見て、驚くほどしっかりと野球(ソフトボール)なっているなと驚いたのです。保健体育の先生曰く、3年間の積み重ねの成果です。たしかに、1年生の授業ではバットで打つのではなく、バッターが直接ボールを投げて、守備陣はそれを処理してバッターをアウトにする練習をしていました。その1年生が、2年後にはきちんとプレーできるようになるのですね。ちょっとすごいなと思う授業でした。

0

すっごく上手!

 今日のブログのタイトルは、「すごく上手」ではなく、「すっごく上手」です。いったい何の話かというと、音楽の授業での「琴」の演奏です。学習指導要領では、音楽の時間に和楽器について学習しなければなりません。そして、南中学校では、数ある和楽器の中から「琴」を学習することになっています。その琴の演奏が本当に上手なのです。20本近い琴を使っての合奏は、見事としか言いようがありません。お正月になったら、我が家に来て演奏してほしいなと思うほどです。和楽器に触れる機会は、そんなに多いものではないはずです。いい経験になるな~と思った授業でした。

0

地産地消!

 11月17日(水)、特別支援学級の生徒が育て、収穫したサツマイモを焼き芋にしました。まさに、究極の地産地消です。何日も前から生徒たちが楽しみにしていた行事です。風も穏やかで、天気も良く、絶好の焼き芋日和です。もちろん、消火用の水の準備も万全です。水にぬらした新聞紙でサツマイモを包んで、さらにアルミホイルでカバーをして蒸し焼きにします。薪は、校内の間伐材。これもSDG’Sですね。(とっても、おいしかったです。)

0

ICT活用授業研究会

 11月16日(火)、東部教育事務所や吉川市教育委員会の先生方をお招きし、ICTを活用した授業研究会を実施しました。令和3年度は、生徒一人一人にタブレット端末が用意された、まさにICT元年の年です。はじめは戸惑いのあったタブレットですが、今ではあって当たり前、使って当たり前のように授業で使われています。生徒だけでなく、先生方のスキルも飛躍的に向上していると感じられた授業研究会でした。

0

今度は、体温もはかれます。

 以前、各教室前に手の消毒液を自動噴霧するディスペンサーを設置したとお知らせしました。そして、今日お知らせするのは、さらに進化した体温もはかれるディスペンサーです。写真のように手をかざすだけで体温をはかりながら消毒もできるすぐれものです。設置場所は来賓玄関と体育館玄関です。ご来校の際は、ぜひご利用ください。

0

続きがあるんですね。

 11月12日(金)、国語の研究授業を行いました。学習内容は、漢詩です。「春眠暁を覚えず」という孟浩然の有名な詩です。しかし、私が知っていたのは、このフレーズまででした。実は、この先があったのです。「春眠不覚暁 処処聞啼鳥 夜来風雨声 花落知多少」五言絶句に分類される漢詩。ちょっと勉強になった研究授業でした。(中学生って、難しいことを学ぶんだな~とも思いました。)

0