学校より

学校ブログ

出前ワンダーランド(11/21)

吉川市児童館ワンダーランドの皆さんが三輪野江小学校に来校し、様々な遊びを行っていただける「出前ワンダーランド」が21日、三輪野江小学校体育館で開催されました。30名くらいの児童が集まり、午後の楽しいひと時を過ごすことができました。ワンダーランドの皆さん、ありがとうございました。

書初め練習(11/20)

今日は4年生の練習風景です。一つ一つの字を見てみましょう。慣れない筆を使い大きく書くことは難しいのですが、回数を重ねるごとに上手に書けるようになっていきますね。競書会まであと練習は2回程度ですが、頑張って取り組みましょう。

秋の訪れ(11/19)

季節外れの温かさが続いていますが、校地内の木々には、秋の訪れを感じます。イチョウがきれいに色づいて見ごろとなっています。ただ、強い風が吹くと、一気に葉が落ちてしまいます。そうなると、校庭の落ち葉掃きが忙しくなります。今週は温かいようですが、来週は寒くなるとの予報があります。体調管理にお気を付けください。

みんなで遊ぼう(11/18)

2年生が1年生を招待して一緒に遊ぶ「みんなで遊ぼう」の取組を本日行いました。これは、2年生がグループになり、それぞれ思い思いの「遊びコーナー」をつくり、1年生に遊んでもらおうという、生活科の学習の一環となります。2年生は1年先輩らしく、1年生に対して優しく教えたり遊びの説明をしたりして、ちょっとお兄さんお姉さんになった気分です。1年生の皆さんは楽しく遊べたかな?

書初め練習(11/17)

書初めの練習が始まっています。今年度の競書会は12月の2週目です。競書会に向けて、どの学年も集中して練習していました。練習の回を重ねるごとに上手になりますね。頑張って取り組んでいきましょう。

現在、学校では個別面談を実施しています。保護者の皆様には、時間通りご来校いただきありがとうございます。昇降口にはアルコール消毒液を設置してありますのでご活用ください。また、教室では、距離を開けて面談をさせていただいています。ご理解ご協力よろしくお願いします。

 

4年生ケナフの皮むき(11/16)

校地の東側の畑で栽培していたケナフを、お世話になっている地域の方に刈り取っていただき、ケナフの皮むき作業を4年生が行いました。今年は刈り取りが若干遅くなったため、皮が固くむくのが大変だったとのこと。それでも子供たちは、一生懸命に皮むきと皮を細かく切る作業を行っていました。暖かい気候で作業がとてもやりやすかったです。

スポーツタイム(11/13)

持久走大会が近づいています。スポーツタイムの持久走練習も熱が入ってきました。毎日の朝マラソンの取組も行っているため、子供たちの体力も少しずつ向上しているように感じます。毎日の健康観察、健康管理をしっかりと行い、持久走大会当日には、日々の練習の成果を発揮してほしいですね。

 

社会科見学5年生(11/12)

5年生の社会科見学は、川口スキップシティの見学と体験活動です。社会科の情報産業の学習に役立てるために、実際の放送局の様子などを疑似体験しました。また、消費者教育の一環とする学習や科学の実験など、充実した内容の見学&体験でした。ニュース放送の体験と映像合成の体験の様子はDVDとして持ち帰ることができ、帰りのバスの中でみんなで視聴しました。

 

盛りだくさんな一日(11/11)

今日は来校者や行事が重なり、盛りだくさんの一日でした。天気がよかったものの風が冷たく、寒さを感じる一日となりました。

 

学校評議員会

学校評議員の皆さんが来校され、今年度第1回目の学校評議員会を実施しました。コロナ禍において、例年6月に行っていた第1回目の評議員会を本日実施しました。評議員の皆さんは、校内をご覧になり、すべての学年の授業の様子を参観されました。子供たちの頑張っている様子を見ていただきました。

通常学級支援籍学習

特別支援学校に通うお子さんとの交流会です。今回はコロナ禍で学校に来校することができないため、オンラインでの学習となりました。越谷特別支援学校の先生方が準備をしていただき、特別支援学校と三輪野江小学校3年生がネットワークでつながり、互いに交流を行いました。楽器の演奏も一緒に行いました。こんなこともできる時代になったのだと感慨深かったです。

2年生いもほり

6月に植えたサツマイモの収穫です。子供たちは、必死になってサツマイモを探していました。大きいものから小さいものまで、さまざまなサツマイモが収穫できましたね。保護者の皆様にもお手伝いいただいて、楽しい収穫の一日になりましたね。サツマイモ畑を提供していただいた地域の農家の方にも感謝しています。

遊ぼうタイム(11/10)

1年生から6年生までの縦割り遊び集会「遊ぼうタイム」です。鬼ごっこやだるまさんがころんだなどの遊びを通して、異年齢集団での絆を深める取組です。どのグループも楽しそうに遊んでいました。鬼ごっこをやっているグループが多いのですが、子供たちは、誰が自分たちのグループの人たちなのか、しっかりわかっているようですね。見ているだけの私たちでは全く区別がつきません。