学校より

学校より

5年生 命の授業

吉川子育てネットワークの皆さんにきていただき

5年生が「命の授業」をしました。

 

赤ちゃん19人

そのお母さん18人(双子さんもきてくれました)

妊婦さん1人

ファシリテーター12人

託児担当6人

授業担当7人

全体見守り4人

合計67人のご協力でとても素晴らしい体験をさせてもらいました。

実際に赤ちゃんに触れさせてもらったり、命のつながりを勉強したりできました。

自分の命も大切にしようという気持ちがまた強くなりました。

ありがとうございました。

 

PTA 校内清掃!

寒い中、PTAのお父さんお母さんによる、校内清掃をしていただきました。

学校は毎日掃除をしていますが、なかなか行き届かないところもあり、とっても助かります。

外は、とても寒いので、大変な作業ですが

気を付けてお願いします。

窓掃除、トイレ掃除本当にありがとうございます。

 

市内小中学校学習発表会 たけたん出場!

12月5日 おあしすで、市内の学習発表会が行われ、たけたんのみんなが発表をしました。

小中学校の特別支援学級が全部集まる発表会で、吉小のたけたんのみんなは市のバスでおあしすに向かいました。

おあしすの多目的ホールは、子供たちと保護者のみなさんで満員

一番初めに 榎本 友希さんがあいさつをしてくれました。

各校の発表は工夫を凝らして、

楽しいものや感心するものなどさまざま

吉川小学校は8番目

順番が迫ってきても、あまり緊張の様子は見せず、やる気満々でした。

「めざせトライ!! スーパーミラー星人」

という題名で、音楽あり、ダンスありの楽しい発表でした。

高学年のパフォーマンスに、観客席から歓声も上がりました。

この発表は、学校の体育館でもみんなに見てもらっていますが、

おあしすの広い舞台でさらにうまくのびのび発表できました。

小学校中学校全部の発表を見ると、

どんどん力がついてきて来ていることがわかる素晴らしい発表会でした。

歌声朝会 1年生頑張りました

体育館で歌声朝会を行いました。

今回の発表は1年生です。

サンタさんの指揮者も登場し、みんな堂々と演奏・歌を頑張りました。

そのあと、全校で手話付きの「おくりもの」を歌いました

吉川市青少年健全育成大会 吉川小学校の代表も素晴らしい発表でした

11月23日 吉川市中央公民館で、

第37回 吉川市青少年健全育成大会が開催されました。

この大会は、「地域の子どもは、地域が守り、育てる」という考えから進められているもので、

市内各小・中・高校から、

あいさつの標語や作文、

社会体験の発表や少年の主張がなされます。

吉川小学校からは、

5年 四反田和希さんの

あいさつに関する標語

「あいさつを しようよいつでも だれとでも」

 

6年 加藤釉月さんのあいさつに関する作文

「挨拶はどうしてするのだろう」

・・・挨拶は、たった一言で相手を安心させることができたり、元気にすることができたりする素晴らしい言葉・・・まず、挨拶の本当の意味をみんなにしってもらうこと・・・

 

6年 勇夏穂さんの

少年の主張

「『志』そこにとどくために」

・・・私の今の志は、小学校の教師になることです。・・・・・私は、勉強はやらせるだけでなく、自分でやりたいと思うことも大切だと思います。そのため、子供の関心を生かして・・理解させてあげる教師になりたいと思います・・・

各校の発表はどれも素晴らしいものでした。

(吉川小学校の発表が一番だと思いましたが・・・)

このそれぞれの気持ちを大切に

これからも楽しい学校生活を過ごしましょう。

吉川橋封鎖解除されました

12月1日 ふれあい祭りに合わせて?吉川橋の封鎖が解除されました。

今回の工事では、越谷側の道路が付け替えられ、

レイクタウンからまっすぐ吉川に来られるようになりました。

(レイクタウン側からみた新しい道路 開通の瞬間)

吉川橋は、まだ、仮橋のままなので、変わらないのですが、

少し通りやすくなって、車の流れが変わるかもしれません。

封鎖中は、特別に朝の立哨などお願いしました。

事故もなく、過ごせました

ありがとうございました。

吉川小 PTA主催「ふれあい祭り」大盛況でした

10月から日程変更になったふれあい祭りでしたが

12月1日たくさんの方々にご参加いただき、とても盛り上がりました。

オープニングは、バトン・合奏クラブの演技演奏からです。

参加の子供たちや、保護者、地域の方々もたくさんおいでいただき、

体験活動やバザー、ゲームや食べ物など、盛りだくさんの企画に

楽しんでいました

地域自治会の子供神輿も体験させてもらったりと

お天気の中楽しい活動ができました。

準備から運営、最後の片づけまで、

たくさんのご苦労をいただいたふれあい祭り委員の皆様

バザー献品や出店団体の皆さん、変わった格好でうろうろした先生方

みなさんありがとうございました。

令和初 吉川小学校 持久走大会

11月27日 朝から寒い日ですが、みんなが練習してきた 「持久走大会」の日がやってきました。

毎年、体力・持久力の向上と、目標に向かって取り組む心を育てようと

吉川小学校横の土手を、頑張って走る持久走大会を行っています。

全員の健康観察を保護者の申し込みと一緒に確認します。

持久走は、健康な体で取り組むもの、この確認はとても大切です。

 

健康観察を終えて準備に入った3・4年生に”ぱらぱら”と雨が・・

でもすぐにやんで、さあスタート位置に向かって出発です。

すでに、土手には保護者・地域の方々が集まり始めています。

子供たちもいやがうえにも盛り上がってきます。

 

スタートラインにつくと、押し合わないことなど注意を受けて

いよいよいよいよ・・・・「ばん!」

今年こそはもっといい順位を

お母さんが見に来てるはずなんだくつがちょっとゆるいよ

いろんな声がスタート位置から聞こえてきます。

吉川小学校の持久走コースは、3・4年から、少しアップダウンがあります

帰ってくると、へとへとの顔も

みんなころばないようにね

3・4年生の次は

5・6年生です

高学年のスピードはさすがに速いです

ゴール近くになると元気が出てきて、最後の勝負を挑む人もいます。

最後の最後で競り合うと危ないので、

20m前からコーンでコースを細くします。

ちょうど高学年の時間に、また、あめがぱらぱらぱら

走ると、よけい雨が顔に当たります。

応援の皆さんも大変でした。

しばらくすると、また、雨も止まりました。

みんながんばりましたね。

6年生は小学校最後の持久走

力が入りました。

1年生は逆に初めての持久走

お父さんお母さんの前で、緊張とうれしさ

がんばるぞ!

1・2年生のコースは、ぐっと短くなっていますが

それでも、走り切るのは大変

 

力を出して、がんばるぞ

土手のコースは広くありませんが、

応援の方々が、グーっとフェンスによってくれて、

走りやすいです。

土手のコースは、吉小クラブの赤出川さんが

芝刈り機で買ってくれているんです

ありがとうございます。

折り返し地点目指して、みんな頑張れ

ゴールまであとちょっと

みんなよく走りましたね

応援の皆様もありがとうございました

頑張ることの大切さが感じられる一日でした。

 

人権啓発パネル展の開催について

吉川市人権擁護委員と吉川市では、12月4日から10日の人権週間にあわせて、市民の人権意識の高揚と人権問題に関する正しい知識を広げるため、毎年様々な人権をテーマにしたパネル展を実施しています。

先日、吉川小で取り組んだ「人権の種をまこう」の感想文の展示のほか、「人権マンガパネル:知ってる!?ケータイやインターネットも使い方ひとつで・・・」の展示、小学校での人権学習の様子や「埼葛人権を考えるつどい」で市内小中学校の児童・生徒が作成した折鶴やメッセージカードを展示し、多世代の方にご覧いただけるような内容になっています。

12月4日(水)から10日(火)まで、市民交流センターおあしす展示ギャラリーでご覧いただけます。

演劇鑑賞会

今日は、演劇鑑賞会がありました。学校に劇団の方を招き、環境をテーマにしたミュージカルを鑑賞しました。歌やダンス、華やかな衣装に子どもたちはくぎ付けになり、最初から最後まで観劇を楽しんでいました。環境の問題について考えるきっかけともなる鑑賞会でした。