新着

吉川小学校トップ

 2月の全校朝会をリモート配信で行いました。校長先生からは、5年生からの手紙と、5年生が新しく挑戦している取り組みの紹介がありました。来年度、新しく入学してくる1年生のことを考えて、どんなことをしたらよいかと、みんなで協力して学校紹介動画の作成に取り組んでいます。相手のことをよく考えた取り組みです。新しいことに挑戦するときは、心配や不安もありますが、大きなワクワクがあります。達成感もあります。いろいろな事に挑戦して、ワクワクな毎日を過ごせるといいですね。  今月の生活目標は、「忘れ物をなくそう」です。忘れ物をしてしまうと、十分な学習や運動ができなくなってしまいます。忘れ物をなくすには、前の日の準備と朝の確認が大事です。普段から実践できているでしょうか。今日から習慣にしていってほしいです。また、おうちの方への「行ってきます」と、地域の方へ感謝の気持ちを込めた「おはようございます」のあいさつも忘れずにしたいですね。  
 学校近くの川が氾濫して校舎の1階が浸水したことを想定し、避難訓練を実施しました。放送で状況が知らされ、避難の指示が出ると、洪水に対する準備を行い、3階の教室に移動する「垂直避難」を行いました。どの学年も、静かに避難できていました。校長先生からは、集団で避難する際には、情報や避難の指示がしっかり伝わるように静かに行動しなくてはいけないとのお話がありました。また、避難所として地域の方々も避難してくることも想定し、自分たちが訓練の成果を発揮して、静かに素早く行動することが大切だと伝えました。  地震や火災、洪水や竜巻など、状況によって避難の方法が変わります。避難訓練の経験をもとに、普段から「こんな時はどう行動しよう」と考えておくことで、落ち着いて行動できるようになります。自分の命や家族・仲間の命を守れるようになりましょう。      
 25日(水)の2・3校時に、学校公開を行いました。参観時間を制限しての実施でしたが、多くの保護者様にご来校いただき、子ども達の元気に学習する様子を見ていただきました。保護者様にもご協力いただき、お店屋さんが開店したり、真剣に理科の実験をしている様子をみていただいたりしました。また、算数の少人数指導の様子や、クロームブックを活用した授業の様子、ゲストティーチャーを招いての学習も参観していただきました。            3年生のお掃除教室では、お掃除のプロである「ダスキン」さんをお招きし、お掃除のコツを教わりました。道具の使い方、掃除の仕方を学びながら、「掃除はみんなが快適に暮らしていくためになくてはならないもの」だと実感していました。    4年生の栄養指導では、給食センターの学校栄養教師の先生をお招きし、健康な体について学びました。健康な体をつくるには、食事による栄養と、運動、睡眠の3つが大切であると学びました。バランスが取れているかグラフに表してみると、自分が運動不足や睡眠不足で、生活のバランスが取れていないことに気づいていました。    保護者の皆様、ご来校いただき、ありがと...
 丸草一福さんで、4年生が草加煎餅の手焼き体験に挑戦しています。熱さと奮闘しながらも、とてもよい色に焼き上げていました。伝統と職人さんの苦労を学びながら、お土産がひとつ増えました。自分で焼いたお煎餅の味が楽しみです。 この後、吉川小学校に向けて出発予定です。    
 草加のお煎餅屋さんでお弁当タイムです。美味しい!と笑顔で食べています。お煎餅のいい香りもおかずの一品になってます。  
 川越の街並みを見学しています。菓子屋横丁では、買い物も楽しんでいます。  
 四年生が元気に社会科見学に出発しました!楽しみながらしっかり学んできたいと、みんな笑顔いっぱいです。   
 令和5年度入学予定児童の保護者様にお集まりいただき、入学説明会を実施いたしました。入学式や入学までに準備していただくもの、心と体の健康等について簡単に説明いたしました。また、PTA会長よりPTA活動の説明も行われました。皆様、熱心にお話を聞いていただき、本当にありがとうございました。入学説明会の後には、学用品の販売も行われました。その他にも入学前に準備していただくものがたくさんありますので、資料をよくお読みになってご準備ください。  お子様の元気なご入学を心よりお待ちしております。     
 オンラインでALTの先生方と結び、英語で会話する「オンラインブレンディッド授業」に5・6年生が参加しました。1班(4・5人)に一人の先生がオンラインでつながり、順番に会話を楽しんでいました。「英語で話せてよかった」「先生の言っていることが分かった」「楽しかった」「ALTの先生が優しい人で、仲良くなれてうれしかった」等の感想が聞かれました。授業中も、滑らかな英語の発音と笑い声が聞こえていました。とてもよい経験になりました。ご協力いただきましたALTの先生方、本当にありがとうございました。     
 17日(火)に、お正月集会を実施しました。集会委員会から、カルタやすごろく等の伝統的なお正月の遊びについて紹介がありました。また、児童みんなで考えた「吉川小学校のよいところカルタ」の発表がありました。学年代表の児童のカルタの一部を紹介します。  (め)いじから ひびくうたごえ 150年  (さ)んたもの まどながめれば ひかるかわ  (に)こにこと みんなえがおな よしかわしょう   思いのこもった作品がいっぱいでした。カルタ作りを通して、吉川小のよいところをたくさん確認することができました。これからも伝統を大切に、よいところを広げていきたいと思います。今では、お正月の遊びをする機会も減ってしまったと思いますが、この機会に家族で遊んでみることもいいですね。       
 12日(木)に、校内書きぞめ競書会が行われました。どの学年も、1枚の作品に集中して真剣に取り組んでいました。また、お手本をよく見て、とめやはらい、文字のバランス等に気を付けて丁寧に仕上げていました。「練習よりも上手に書けた!」と笑顔いっぱいに話してくれた子も多くいました。子供たちの練習の成果が表れた作品は、16日(月)に各教室の廊下に展示いたします。ご来校いただいた際に、是非ご覧ください。      
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。  3学期がスタートしました。17日ぶりの登校でしたが、みんな晴れやかな笑顔で登校していました。きっと充実した冬休みが過ごせたことと思います。始業式では、5年生の代表児童が、3学期に頑張りたいことを発表しました。具体的な目標を堂々と伝えることができ、すでに目標に向かって努力している様子がうかがえました。校長先生からは、目標や願いをもって頑張ることの大切さと、体と心の健康についてお話がありました。相手のことを思ったり、周りの人の立場になって考えることで心は豊かに育ちます。また、今月の生活目標「寒さに負けず体をきたえよう」の話でも、健康についての話がありました。病気に負けない強い体と豊かな心をもつ健康な一年になってほしいです。わかたけっこの元気いっぱいの活動・活躍に期待しています。    
 12月23日(金)、2学期の終業式を行いました。2022年最後の行事に相応しい態度で、真剣に話を聞く姿が多くみられました。学校代表の4年児童からは、2学期頑張ったことと、3学期の目標についての発表がありました。授業や社会科見学等を通して、初めて知ったことへの喜びを話していました。思いのこもった言葉で堂々と発表できました。校長先生からは、「1mm」の話がありました。サッカーワールドカップ日本代表のライン際のプレーの紹介と、あきらめないで努力することの大切さについてお話がありました。冬休みの生活についての話では、増えるもの3つと、減るもの3つについて話し、交通安全に気を付けることや規則正しい生活をすることなどについて話しました。  2学期も保護者様の多大なご支援をいただきながら、教育活動を推進することができました。ご協力ありがとうございました。 よいお年をお迎えください。           
 読み聞かせボランティア「おはなしの森」さんによる「お楽しみ会」が開催されました。1年生全クラスを集めての実施を予定しておりましたが、密を避けるため、会場を分けてリモートでの参加も行いました。今回は、「モチモチの木」を影絵で発表していただきました。わくわく感で少しざわついていた1年生も、きれいな影絵と感情のこもった朗読にどんどん引き込まれていきました。素敵な発表に、最後は大きな拍手が沸きました。輝いたモチモチの木が心に残ったようです。今回は、色々な学年の児童がリモートで鑑賞することができ、とても喜んでいました。すてきな読み聞かせをしていただきました「おはなしの森」のみなさん、本当にありがとうございました。これからも、どんな素敵な本に出会えるか、とても楽しみです。    
12月10日(土)に、第8回 吉川市図書館を使った調べる学習コンクールの表彰式がありました。 吉川小学校の6年冨田玲羽莉さんが 図書館特別賞を受賞しました。 『読書の知られざる効果とは?』 〜本が与える影響〜というテーマで、調べたことをしっかりまとめました。 受賞おめでとうございます。  
2022/12/07
 表彰朝会がリモートで行われました。1学期の終わりや夏休みに頑張った児童が呼名されました。教室では大きな返事の声と、称賛の拍手が響いていました。受賞した皆さん、おめでとうございます。わかたけっこの活躍は自分事のようにとてもうれしいです。これからも活躍の場を広げて、様々なことに挑戦していってほしいです。          
 6日(火)に、魔法のことば集会(児童集会)が行われました。集会委員さんからは、「いじめは絶対にダメ」ということや、「悩みがあったら相談しよう」というメッセージが送られました。また、全校児童が考えたみんなを幸せにする「魔法のことば」から各学年の代表作品が紹介されました。今年も素敵な言葉がたくさんあり、人が人を思いやる心はとても素晴らしいものだと実感しました。そんな魔法のことばを紹介します。 1年 「おはよう あいさつでわかる こころのげんき」 2年 「きみが わらうと みんな しあわせ」 3年 「人のこと みんなの気持ち 考えよう」    「男女の色はかんけいない 自分のすきな色でいい」 4年 「止めようよ 見て見ぬふりは イエローカード」 5年 「一人の子 君のクラスに いないよね」 6年 「そのかげ口 みんなの耳にも聞こえてる」    それぞれの思いがたくさん詰まったことば達。私たち一人一人がこの「魔法のことば」を心にもち続ければ素晴らしい世界が作れるような気がします。魔法をかけるのはあなたです。
 5日(月)に、PTA校内清掃が行われました。PTA役員さんとPTAボランティアのみなさんが、前回に引き続き、校内のトイレの掃除を行ってくださいました。トイレは、毎日多くの児童が使用するので、すぐに汚れてしまうことと、子供たちも毎日清掃活動を行っていますが、なかなか上手に掃除ができないことから、保護者の皆様のお力をお借りし、洗剤等を使ってきれいにしていただきました。活動が始まると、皆様熱心に床や流し、便器を磨いてくださり、とってもきれいにしていただきました。本当にありがとうございました。PTA校内清掃やその他にも登下校の安全の見守りなど、たくさんの方々に支えられ、子供たちは元気に気持ちよく学校生活を送ることができています。感謝の気持ちを忘れないでほしいです。各ご家庭でもお子様への声かけをよろしくお願いいたします。      
 12月の全校朝会をリモートで実施いたしました。子供たちはリモートでの朝会にすっかり慣れており、画面に映る校長先生の顔を見ながら話が聞けていました。校長先生からは、サッカー日本代表がワールドカップのグループステージ1位通過を決めたことを話題に、「色々な努力を続ければ、大きな成果が表れる」というお話がありました。また、交通事故に気をつけるために、道路を渡るときには、「手をあげる」「ドライバーとアイコンタクトする」「1歩の姿勢を作る」の3点を実践しようとお話がありました。今月の生活目標「そうじをしっかりやろう」については、おそうじ「だ・い・す・き」についてや隅々まできれいにすることについて確認しました。2学期の終わりでもあり、1年の終わりでもある12月。いつも以上におそうじに力を入れて、心も教室もきれいにしていきたいと思います。  
 学習参観・懇談会の2日目は、1・2・5年生とたけたんさんの授業を参観していただきました。どの学級でも、かっこいい姿を見てもらおうと頑張る子供たちの姿が見られました。本日もたくさんの保護者様にご来校いただき、学習の様子を見ていただくことができました。本当にありがとうございました。  また、5年生の授業では、歯科衛生士さんを講師に招き、ブラッシング指導が行われました。保護者様と一緒にブラッシングを確認する活動に、子供たちの照れながらもうれしそうな笑顔が印象的でした。4年前の1年生の時にも一緒に歯磨きをしたことを覚えていますか。きっと歯磨きも上達していると思いますが、永久歯に生え変わって磨き方にも注意が必要です。ブラッシングの大切さを教えていただいた歯科衛生士さん、本当にありがとうございました。       

旭小学校トップ

26日(木)入学説明会がありました。 保護者の方々が時間どおりにご来校くださったので、スムーズに説明会を始めることができました。      1年生の入学まで約2か月。元気に旭小学校に入学してくることを待っています。
25日(水)の朝は、2年生の保護者によるあいさつ運動が行われました。「10年に一度」と言われるほど、寒い朝でした。    大変、寒い中、ありがとうございました。 さて、午前中は3年生以上の児童を対象に、吉川市教育委員会学校教育課 特任教育支援員 大西久雄様による、デジタルシティズンシップ教室が行われました。              3年生以上を対象ということで、便利で、これからの時代に必要不可欠になるであろうインターネットの特徴や、気をつける点について学びました。振り返りを見てみると、「顔や場所がわかる写真をのせないようにする」「インターネットにのっている情報がすべて正しいと思わず、本当に正しいかどうか確かめるようにする」と書いていました。 高学年になると、「自分で管理」するのが大切になります。そのためには、正しい知識と使い方を知らなければなりません。便利なICTを自分で管理できるように、これからもしっかりと学び、正しい使い方を身に付けましょう。
23日(月)吉川市教育委員会学校教育課 特任教育支援員 大西 久雄 様を講師にお迎えして、低学年がデジタルシティズンシップ教室を行いました。    低学年でも動画視聴やゲームなど、インターネットに接する児童はたくさんいます。今回は、便利なインターネットをもっと知って、正しく使おうというお話でした。     自分のタブレットを家族に、友達に、近所の人に貸してもいいの?という問いに対して、自分の考えを活発に述べる姿が印象的でした。 インターネットの特徴や、IDとパスワードの大切さ等を学ぶことができました。   25日(水)には、3年生以上の児童を対象に大西先生が授業をしてくださる予定です。よりよい使い手となれるように、しっかりと学びましょう。  
20日(金)、吉川市社会福祉協議会の伊藤様を講師にお迎えして、5年生が福祉学習を行いました。        福祉の字にはどちらも「幸せ」という意味があるということ。そして福祉とは ふ ふだんの く くらしの し しあわせ と、教えていただきました。 お話を聞き、障がいのある方もない方も関係なく、困っている人がいたら「大丈夫ですか」と声をかけることが大切であると感じました。しかし、分かっていても行動に移すのが難しい。これから学習を進めて、行動に移せる人になれるといいですね。  
11日(水)は、校内書初め大会が行われました。 低学年は教室で、3年生以上は体育館で行いました。       どの学年も集中して取り組んでいました。一年間、勉強を頑張るぞという意気込みが感じられる書初め大会になりました。
明けましておめでとうございます。なかよし学級の皆さんが作ってくれた1月の掲示物も1月にふさわしい掲示物です。今年もよろしくお願いいたします。   さて、10日(火)第3学期の始業式が行われました。 児童代表の言葉は、1年生が行いました。「家でも練習をしていた」と話してくれたとおり、大変立派な発表でした。   校長先生から、「目標を達成させる方法」というお話がありました。 生活目標は、村田先生からお話がありました。「自分から進んであいさつをしよう」が1月の目標です。 達成できるように頑張りましょう。 3学期は、学年のまとめと4月への準備をする学期です。一日一日を大切にして、学期末にはしっかりと準備が整っているようにしましょう。
学校の見回りです。 たいへん静かな朝です。 本年もたいへんお世話になりました。 どうもありがとうございました。 皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。(校長)
23日(金)第2学期終業式が行われました。 児童代表の言葉は、3年生となかよし2組さんが行いました。   二人とも、間をあけて読むことができていたので、しっかりと練習して臨んでいることがよくわかる発表でした。大変すばらしかったです。 校長先生からは、「よい子」のお話と命の大切さについてお話がありました。   金井先生からは、冬休みの過ごし方についてお話がありました。 2学期もご支援・ご協力、ありがとうございました。 よいお年をお迎えください。  
20日(火)PTAの方が1,2,5,6年生に読み聞かせをしてくださいました。    今回読んでくださった本を紹介いたします。 1年生 2年生 5年生 6年生 今回が今年度最後の読み聞かせとなりました。PTAの皆様、どうもありがとうございました。  
年度の中でも一番長い2学期も最後の週になりました。教室の様子を見て廻ると、楽しそうに音楽の学習を行っている学年。静かにテストを行っている学年。寒い中、元気に体育を行っている学年と、様々な様子でした。       なかよし学級の皆さんが作ってくれた12月の掲示物です。     ステンドグラス風の掲示物は大変上手に色塗りがされていて素晴らしかったです。
2022/12/13
13日(火)表彰集会が行われました。 2学期は70名ほどの児童が表彰されました。その中で、各賞の代表児童が校長先生から賞状をいただきました。     受賞された皆さん。おめでとうございます。これからも頑張ってください。 すっかり寒くなり、欠席児童が増えています。暖かく過ごすことや規則正しい生活を送り、風邪に負けないようにしましょう。また、冷たい水にも負けないで、手洗い・うがいもしっかりとしましょう。
8日は1年生が知能テストを、9日は全学年が学力テストを行いました。          テストの時も、「最後まであきらめずに取り組む」旭小の良い姿が見られました。 これまでの頑張りを試すよい機会です。結果に一喜一憂するのではなく、自分の得意・不得意を把握し、復習をして来年度を迎えられるようにしましょう。
6日(火)埼玉県警察非行防止指導班「あおぞら」の方を講師にお迎えして、6年生が薬物乱用防止教室を行いました。 まずは、喫煙と飲酒についてお話がありました。       成人年齢は18歳になりましたが、喫煙と飲酒に関しては20歳のままです。これは、まだまだ体が成長過程にあるからだそうです。また、薬物乱用者には、子どもの時から喫煙や飲酒を経験する人が多いそうです。 次に、薬物乱用についてお話がありました。            薬物は、依存性と耐性があるため、やめられないだけでなく、量もどんどん多くなること、一度でもやってしまうと薬物乱用のサイクルにはまってしまうことを学びました。 また、そのような誘いがあった時の対応の仕方や悪い誘いに近づかないための方法を教えていただきました。 薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」この言葉には、「手を出してはダメ」ということと、「誘いをはっきりと断る大切さ」を伝えていると分かりました。    
30日(水)持久走大会が行われました。曇り空でしたが、気温もちょうどよく、走るには適した気候でした。                 「全力で頑張ること」「最後までやり抜くこと」を達成できた児童が多かったことと思います。 保護者の方々の応援も児童の励みになりました。応援、どうもありがとうございました。
29日(火)PTAによる3年生のあいさつ運動が行われました。また、この日は小中一貫教育の取り組みとして、東中学校の3年生も一緒に参加してくれました。     いつもはPTAの方だけですが、中学生が多数参加してくれたので、いつもよりも活気あるあいさつ運動になりました。 旭小学校では、計画集会委員会が1学期に「よりよい旭小学校にするために」アンケートを実施し、集めた意見から「ルールやマナーを守れる学校」にしようという意見が選ばれました。12月には計画集会委員さんが実際に活動を行う予定です。 保護者の方、子どもたちと一緒に、よりよい旭小学校を目指します。
28日(月)中央中学校の栄養教諭をお迎えして、5,6年生が食育の授業を行いました。 5年生は、五大栄養素について、6年生は、バランスの良い献立について学びました。     5年生は、食品の栄養について学び、その後、分類を行いました。グループで楽しそうに食品の分類について話し合いを行っていました。 6年生は、料理のカードを使って、バランスのよい献立を考えました。児童に感想を聞くと「自分で献立を作ったことがなかったので楽しかった。次は自分で実際に作って食べてもらいたい」と感想を述べてくれました。 最後は、配膳の様子を見ていただきました。 この日は「日本の料理 岩手県」献立でした。給食で出された「室根リンゴ」についてもお話ししてくださいました。   寒暖差が大きく体調管理が難しい季節になりました。バランスのよい食事を心がけ、ウイルスに負けない体を作りましょう。
24日(木)歯科衛生士さんを講師にお迎えして、5年生が歯科指導を行いました。   講師の方が持ってきてくださった歯の資料などを、児童は食い入るように見ていました。   染め出しを行い、自分の歯磨きの仕方について知りました。その後、講師の方から、歯磨きの仕方について資料を活用して説明がありました。         美味しい食べ物を美味しくいただくためにも、歯は大切です。正しい歯磨きの仕方を身に付けましょう。
22日(火)校内持久走大会に向けて、1,2年生が試走を、5,6年生はコースの確認を行いました。         試走の後は、ボール投げの再測定も行いました。どの児童も伸びがみられ、投力が着実に向上していることがわかりました。 また、昼は、音楽集会を行いました。今回は4年生が『もみじ』を歌いました。         高学年は、教室で下のパートを歌いました。高学年は上手にハーモニーを重ねることができていて、きれいな歌声が響きました。  
11月20日(日)に、本校学校応援団(環境応援団)と吉川市旭自治連合会の皆様による、 樹木剪定と伐採、草刈り、農道整備を実施しました。 この3年間に、かなりの数の樹木を伐採していただいています。 校地内の見通しが良くなり、学校周辺からも見えやすくなり、 防犯の一助ともなっています。 また、30日(水)に実施予定の 持久走大会に向けて、 走路となる農道も整備してくださいました。 どうもありがとうございました。

三輪野江小学校トップ

2022/11/17
中華街で昼食を食べました。 みんな元気です。 これから、学校に向かいます。

関小学校トップ

太陽は出ていますが、空気はとても寒いですね。 校庭で3年生が長縄を跳んでいました。 協力しながら練習する姿はすてきですね。  
今夜から明日にかけて とても気温が下がる予報が出ています。   雪などが降らなくても、 歩道や道路の凍結などの危険があります。   安全に気を付けて登校するようお願いいたします。   一日を通して低温が見込まれますので、 暖かい服装でお過ごしください。  
次年度からのクラブ活動に向けて 3年生がいろいろなクラブの見学をしています。     しっかりとよく見て 入りたいクラブの希望を決めてくださいね。  
校庭の木が大きく育っているところも多く、 市教育委員会と連携して、計画的に伐採が進んでいます。 枝を築山で保管しています。 カラーコーンを立てていますが、安全のためしばらく立ち入らないようにお願いいたします。  
寒い天気が続いていますが、着実に春が近づいていますね。 3学期は短い学期です。 勉強に運動に生活に、今年の学年のまとめとして がんばっていきましょう。  
集中した姿でテストに取り組んでいます。 日頃の学習の成果をしっかりと発揮できるといいですね。   学力向上に向けては、日々の小さな努力の積み重ねが大切です。 「毎日1回発表すること」や「興味のあることを自分で調べてみる」などの経験は すぐに成果にはつながりませんが、必ず皆さんの力になっていきます。 ぜひ取り組んでみてください。応援しています。  
冬休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。 令和4年度第3学期が始まりました。 3学期は次年度への準備となる大切な学期です。 教職員一丸となり、関小学校の教育活動が充実していくよう 全力で取り組んでまいります。   本年も本校の教育活動に、ご支援・ご協力いただきますよう お願いいたします。    
先週の天気予報の段階では、今日は雨の予報でした。 走る前と 大会の間に少しの雨がありましたが、 保護者の皆様の温かい声援に後押しされ 子供たちは安全にしっかりと走ることができました。        
絶好の天候の下、 校内持久走大会 低学年の部および中学年の部を開催することができました。   あたたかな声援を多くいただきありがとうございました。 子供たちは、練習の成果をしっかりと発揮していたと思います。 体力を高めることは子供たちの成長に向けて とても大切なことです。 コツコツと鍛えた体は たからものですね。  
今日、明日の予定で、6年生が修学旅行に出発しました。   修学旅行のめあては「関小の代表として マナーを守り 楽しく学ぼう」です。 素敵な経験となることを願っています。    
昼休みの光景です。 元気よく友達と遊ぶ姿はすてきですね。   来週も元気な姿が見れることを楽しみにしています。
穏やかな小春日和となりました。 持久走大会に向けて 運動中はマスクをはずし 無理なく体力向上に向けた取り組みをおこなっています。    
4年生の体育「マット運動」からの一コマです。 友達と教えあいながら、「側方倒立回転」にチャレンジしていました。 手と足の使い方がわかる教具もあり 練習にしっかりと取り組んでいる姿勢が印象的でした。   上手になれるといいですね。  
11月8日(火)の夜は、皆既月食と惑星食が同時に日本で見られる貴重な機会です。 皆既月食と惑星食が同時に見られるのは1580年7月以来、442年ぶり。織田信長など、戦国大名が生きていた時代以来です。 【補足1】次に皆既月食と惑星食が同時にみられるのは332年後のようです。 【補足2】皆既月食と天王星食が日本で同時に見られるのは、過去5000年間の中でも一度もないそうです。 今回の惑星食は「天王星」食であり、明るさが弱いため、肉眼などでの確認は難しそうですが、月食は夜の天気も含めてよく見られそうです。 月の変化は、18時9分ころから始まるようです。 今日の夜は暖かい格好をして、お子様と東の空の月を眺めてみてはいかがでしょうか。 【参考】国立天文台HP 月食とは (リンクをはってあります)
今日の朝はオンラインで表彰朝会を行いました。 努力の成果が実を結ぶ姿はとてもうれしいものです。 表彰されたみなさん、おめでとうございました!  
埼玉県では、教育に対する県民の理解と関心を高める機会とするため、11月1日を「彩の国教育の日」、11月1日から7日までを「彩の国教育週間」としています。   関小学校では、「彩の国教育週間」の行事として 学校公開(学習参観)を実施しました。   多くの保護者の皆様にご来校いただき、ありがとうございました。 引き続き、本校の教育活動にご支援いただきますようお願いいたします。
朝の時間を使って 校内持久走大会に向けた運動を行っています。   自分のペースを知り、無理なく最後まで走りきることが何よりも大切です。 スポーツの秋です。 ご家族の皆様もご一緒に運動されてはいかがでしょうか。    
今日は市の防災無線を使った 緊急地震速報が訓練として流れました。 大切なことは、自分の(仲間の)命を守ることです。 教室では迷わず「机の下に身を隠す」など身を守る行動をとることができます。 では、休み時間だったら?通学途中だったら?自宅でお留守番しているところだったら?   安全なときに、ご家庭でも 自分の(仲間の)命を守るためにするべきことについて お話する機会にしていただければと思います。  

北谷小学校トップ

 ここのところ、あまりの忙しさにホームページ更新もままならないままで申し訳ございません。 今日はオンライン朝会を行いました。校長講話は2つ。一つは先日、学校栄養職員の小野先生からいただいた3年生の食育指導のお話がとてもよかったので、全校児童に伝えました。もう一つは、「イライラしたとき、どうするか」です。私はこんなお話をしました。 「イライラすると、難しいことばでいうと、血圧が上がったり血流がよくなくなったりして、体の調子が悪くなります。でも、どうしてもイライラしてしまうことがありますよね。友達に、いやなことをいわれたとき。先生に注意されたとき。ドッジボールなどのゲームで負けて、相手があおるような態度をとったとき。そんなとき、イライラを鎮める方法の一つが「許すこと」です。  校長先生の知り合いに、インターネットで商品を売っているAさんという人がいます。  ある人から注文が入ったので、さっそく品物を送って代金を振り込むようお願いしました。ところが、品物を送っても代金が振り込まれません。何度かメールで催促したのですが、返事がありませんでした。Aさんは「いやなお客さんだ。」とイライラしていました...
 今日も、昨日に引き続き、とても寒い朝になりました。午前7時30分の段階で、運動場の外気温がマイナス4度だったため、今日も体育朝会の実施は見合わせました。自主的に運動場を走る子については、寒さに十分気を付けるよう指導したうえでOKにしました。また、気温の上昇が見込まれたので、その後の外体育もOKにしました。  本日は、3年生の教室で、学校栄養職員の小野先生をお招きして、食育指導を行いました。内容は、朝ごはんの大切さについてです。 「みなさん、朝ごはんを食べると、三つのスイッチが入ります。それは、頭・体・おなかです。では、そのスイッチを一つ一つ、見ていきましょう。」  「頭のスイッチが入るとは、朝食は、脳にパワーを与えるということです。」 「体のスイッチが入るとは、朝食が体にパワーを与えるということです。」 「おなかのスイッチ入るとは、朝食をとることで排便がしやすくなり、おなかがすっきりするということです。」  小野先生は、3年生にわかりやすく説明をしていってくださいました。 「朝食を食べないと、力が出ないですね。食べることで、たくさんスイッチが入って、一日元気に過ごせるということですよ。朝は余裕を...
 10年に一度の寒気団の名は、だてではありませんでした。とにかく「寒い!」の一言だった今日。子どもたちの様子をお届けします。  風は強かったものの、お天気はよかったしグランドコンディションもよかったので、業間休みは遊べました。ところが運動場に出た子どもたちは寒風にさらされてびっくり。「うわ、さむ!!」「きゃー、寒-い!!」  このときの外気温は0度。さらに風が吹き、体感温度はおそらくマイナス3~4度だったと思います。  それでもみんな、元気に遊んでいました。まさに、子どもは風の子!たくましいですね。  おやじの会の皆様が精魂込めてつくってくださったビオトープ。今日は、分厚い氷の収穫場となりました。 「校長先生ー!みてくださーい!こんなに厚い氷が張ってまーす!」 その厚さ、およそ2センチ。かつてないほどの分厚さでした。みんな、大きな氷にびっくり!! そんな寒い中でしたが、今日は一斉下校を行いました。昨日、県内の高校に届いた不審なファックスがその理由です。 さようならー!車と不審者に、気を付けてね!「はい、さよーならー!」みんな、集団で安全に気を付けて下校していきました。 それでも朝、路面凍結...
 朝はものすごい冷え込みでしたが、正午ごろは比較的気温が上がってきたので、お昼休みは子どもたちが元気に運動場で遊ぶことができました。しかし、今日の夜から明日の朝にかけては冬の嵐になりそうです。お子さんの服装等にご配意くださるようお願いいたします。  今日は、校内で見かけた風景をあれこれ。校内巡視をしていて、子どもたちの元気な活動の様子が見受けられると、ついシャッターチャンス!と思ってしまいます。  5年生の英語です。英語の先生は、授業を盛り上げて子どもたちを楽しませる名人です。今日も、ゲーム要素をとりいれて、子どもたちが大盛り上がりの中、楽しく英語を学んでいました。「どの季節が好き?」「算数でよく使うこの図形。英語では、なんていう?」という学習で、子どもたちがとても楽しそうでした。これがとても大切。子どもたちが英語を楽しみにするようになると、知識の吸収率が違うのです。  こちらは、3年生の道徳です。「働くって、どういうこと?」という先生の質問に、子どもたちが思い思いの意見を発表していました。先生の質問に、勢いよく手を挙げ、嬉しそうに自分の意見を発表していく子どもたち。とても頼もしいです...
 今日は、とんでもなく寒い日でした。大型寒気団の到来により、寒さは今週水曜日ぐらいにピークを迎えるとのこと。お子さんの寒さ対策に十分ご配意くださいますようお願いいたします。  6年生が、社会科の授業で、歴史の学習に関する発表を行っていました。私が目にしたグループは、日中戦争から第二次世界大戦の流れについて、調べたことを丁寧に発表していました。指導した教諭によれば、各グループともしっかり調べ学習を行って、発表に備えたとのことでした。淡々と史実を説明するその姿に、理解が進んでいたことを十分うかがい知ることができました。よい発表でした。  今ほど戦争に関する知識が重要になる時代はないと思います。ウクライナ戦争にいまだ終わりが見えません。このヨーロッパの戦争は、事実に基づき考えると、ロシア側による侵略という見方が正しいと思います。でも、太平洋戦争についてはどうでしょう。その評価に至るためには虚心坦懐、先入観をもたずに謙虚に史実を学び、そして多面的な見方をとおして個人の考えを形成していく必要があると思います。  日本は、高状況下社会であるといわれています。社会全体に、ある方向性をもった雰囲気が強...
 一年生担任がお休みをいただいて、ご心配をいただいております。  その分、教頭、担外教諭、他学級担任(空き時間を利用して)などが交代で授業を行っています。23日の週には復帰予定です。ご理解とご協力をお願いいたします。  その一年生が、先週ICT支援員さんのご協力のもと、クロームブックのアプリを使う練習をしました。  写真を撮影して、それを共有フォルダに送信すると、ごらんのように、大型ディスプレイに一覧表示ができます。この機能は「協働学習」に適しています。個人がそれぞれ意見や考えを送信すると、全員の考えを提示することが容易なので、自他の意見の共通点・異なる点などを比較しながら、考えを深めることができます。ノートやワークシートにまとめるよりも、オープンな状態で思考を深めることができます。  子どもたちの吸収力はたいしたものです。大人よりも、高い集中力と柔軟な思考力を発揮して、砂地に水をまくがごとしの勢いで操作を理解し、習熟していきます。ICTを学習に生かすには、操作に手間取っているようではかえってマイナスになります。ICT機器もノートも、学習の道具であり、手段です。手足のように使いこなしてこそ、学習...
 今日も朝は冷え込みましたが、日中は校庭で楽しく遊べるほどの気温になりました。でも鉄棒や登り棒は冷たいので、遊んでいた子どもたちが「手が冷た~い!!」と悲鳴を上げていました(笑)。  2校時に、不審者対応避難訓練を実施しました。不審者が東昇降口から侵入し、階段を上がってすぐの2年2組に侵入する想定です。不審者役は、子どもたちの登校の見守りでお世話になっている交通指導員さんにお願いしました。  子どもたちが過度にびっくりしないように、2時間目に後ろのドアから不審者が入ってくることについて、事前に予告しておきました。  時間になり、ドアがバーンと開いて、不審者の登場です。「この学校の先生と子どもたちに、言いたいことがあるんだよ!あのさあ!!」迫真の演技、ありがとうございました。 いきり立つ不審者に、担任は子どもたちに避難指示を出してから冷静に対応します。「はい、お話うかがいます。」  担任が対応する間、子どもたちは事前に指示されていた避難出口のベランダから、安全な場所に避難します。  騒ぎを聞き付けた男性教諭が、教室に駆け付けます。それを見計らって、担任の先生も隣の教室に移動しました。そして教...
 今朝の外気温は0度。日中は多少気温が上がりましたが、やはり一年で一番寒さが厳しくなる時期です。  3学期はじめての体育朝会を行いました。4年生は遊具を使った運動、5年生は走り幅跳び、1年生はボール投げ。それぞれの学年の課題とされた運動に取り組みました。特に本校は投力や腕の力が課題となります。そうした力を付けるためには、トレーニングじみた運動よりも、日ごろからその運動にできる範囲で親しませることが一番。寒い中でしたが、みんなよくがんばって取り組みました。  朝、太陽のもと体を動かすことには大きな意味があります。日光が皮膚や瞳にあたり、体内時計が作動して体の機能が目覚めること。運動をして血流が盛んになり、目が覚め、運動能力に加え学習効率も高まること。業前マラソン等に取り組むことにより、必要な体力や持久力が育つこと。体を動かすことで気分がすっきりして、ストレスが減少し、情緒が安定すること。おなかがすいて、給食の食べがよくなること。  「スマホ脳」の著者として知られるスウェーデンの脳学者 アンデシュ・ハンセンは、「スマホは所持するだけで学力が落ちる。だが、簡単な解決方法がある。体を動かし、運動に...
 昨日は雨で遊べなかったので、今日は業間・昼休みいずれも外で遊べて子どもたちも嬉しそうでした。 5年生が図工の多色刷りに取り組んでいました。これが楽しい!色が重なることで表現できるその効果は、刷り上がってからのびっくりどっきりで、わくわくする教材です。慎重にやっていた子どもたちも、刷り上がってきれいな色付けができると「やったー!」と大喜び。みんな楽しそうに、一生懸命作品づくりに取り組んでいました。この楽しさ、作品づくりへの喜びこそ、図工を好きにするための大切な授業の要素です。  一方、今の子どもたちは、「目が肥えて」います。無理もありません。物心ついたときから「超」が付く高品質な映像ばかりをみせられてきたのです。それゆえ自分の手が生み出す作品は、未完成で、稚拙で、価値がないものと思えてしまう。だから、失敗をこわがり、作品づくりをためらってしまうこともあります。成熟社会に生きる子どもたちの不幸の一つです。  大人が子どもの作品に触れる時に、大切なことがあります。それは「人の作品と比べないこと」、「ほめ上手になること」です。「下手になっちゃんたんだー。」と子どもがいってきたとき、「じゃあ、...
 月曜日だというのに雨が降ったら、子どもたちはますます憂鬱な気持ちになるじゃないですか(悲)。でも、湿度が上がったので子どもたちの喉や肌の荒れ予防にはいいかもしれませんね(笑)。  5年生の音楽の様子です。この日は「威風堂々」をリコーダーで練習しました。卒業式のためです。令和4年度の卒業式でも、入場曲を5年生の演奏にする予定です。「自分たちも、がんばって6年生の卒業式をお手伝いするんだ」という意識付けのためにも大切な取り組みです。  現在、県教委や市教委から、教育活動についての特別な制限は行われていません。リコーダー演奏や合唱練習をする際も、「児童どうしの距離を十分とること」「換気を行うこと」「演奏するとき以外はマスク着用に努めること」など、感染症対策を十分行えば、練習は可とされています。そこで、今日は外は寒かったのですがちょっと我慢してもらって、窓を開けながら練習を行いました。  まずは、音楽室の広さを目いっぱい使って、距離をとります。向きはすべて、同じにします。次に、指使いを十分に練習します。このとき出す音は、飛沫感染を防ぐため、あくまでも控えめにします。  そして、楽譜を椅子におい...
 朝は刺すような冷え込みでしたが、日中は幾分暖かくなりました。この後は、何やら3月並みの暖かさになるとか。もう、身がもちませんね。  本日、4年生特別授業と、学校保健委員会が行われました。コロナ禍などの影響で、子どもたちの在宅時間が長くなりがちです。ゲームやネット動画視聴に時間を費やし、生活リズムが乱れがちな現代生活において、ICTの望ましい利活用について知らせておくことが大切だと考えたことがきっかけです。講師には、吉川市教育委員会特任教育支援員でいらっしゃる大西 久雄先生をお招きしました。  大西先生は、次のようにお考えです。「ICTの利活用について子どもたちに教える上で大切なことは、禁止事項や制限ばかりを指導するのではなく、子どもたち自身に、望ましい活用の在り方を考えさせることが重要です。」  そのお考えのもと、授業を次のように進めてくださいました。  まず、アメリカでICT教育の啓発に使われている動画を子どもたちに見せ、「この動画をみて、どんなことを疑問に思った?そして、その答えを、どう考えた?まず一人で考えて、そのあと話し合ってみよう。」  子どもたちは集中して画面に見入り、そして考えを一...
 今朝の気温はマイナス3度。本当に寒い朝でした。それでも、北谷小の子どもたちは元気いっぱいに活動しています。  用務員さんが、地域で使われていた獅子舞や、踊りのお面を、職員室の廊下に飾ってくれました。どれも、地域で大切にされてきた美しい伝統の品です。かつては、獅子舞は子どもの頭をあまがみして、厄払いをして、その健やかな成長を願いました。地域全体で子どもを育てていこうという、美しい心情にあふれていた時代が、日本には昔からあったのだなあと思います。そのことをホームページに掲載しようと写真を撮ったら、発育測定を待っていた子どもたちがピースして、写真に華を添えてくれました(笑)。  係活動を決めていた学級の様子です。新学期が始まり、係を楽しそうに決める姿を撮りたかったのですが、シャッターハンターたちにピースをされていまい、本来の様子が分からなくなってしまいました(笑)。  図工作品づくりに取り組む子どもたち。みんな、一生懸命つくった作品を自慢げに、そしてとてもうれしそうに見せてくれました。力作ぞろいで、すばらしかったです。  各学級を回って気付くことは、子どもたちがとても楽しそうだ、というこ...
 風が少し強かったけれど、よく晴れた一日になりました。  本日1月10日(火)より、3学期がスタートしました。子どもたちの生きる力をはぐくため、職員一同今学期もがんばっていきたいと思います。  学期はじめは、学習・運動・生活などに係る新学期の目標を決めます。その目標が形骸化しないよう、子どもたちにとって価値あるものとなるよう声掛けをすることが大切です。  そこで、始業式の校長講話で、「足無し禅師」と呼ばれながら多くの人の尊敬を集めた小澤 道雄禅師について、次のようなお話をしました。    小澤禅師は2本の足のどちらもひざから下がなかったので、「足無し禅師」と呼ばれていました。禅師というのは、立派なお坊様を尊敬して呼ぶ呼び方です。小澤禅師は20歳のころ戦争に行っていましたが、敗戦後、極寒の地シベリアで働かされました。ある日、逃げようとした仲間を止めようとして、見張りの兵隊に撃たれてしまいました。傷を治すために、遠く離れた中国の病院に運ばれましたが、マイナス50度という極寒の中、終戦時の夏の軍服のまま、屋根のない貨車で三日も運ばれたのです。仲間の半数は凍死し、小澤禅師も両足が重度の凍傷に罹りました。...
 朝の冷え込みはそれほどではありませんでしたが、日中急に風が強くなりました。しかし、冬の空がどこまでも澄み渡るお天気でした。  本日、二学期終業式を迎えました。終業式は、いつものようにオンラインで行いました。本当は体育館で、子どもたちの表情をみながら話をしたいところです。でもオンラインも決して悪くありません。手元の資料を子どもたちにはっきりと見せられるからです。本日は、二学期の子どもたちのがんばりを労うために、表情をみせたく思いました。周囲に気を付けながらマスクを外し、校長講話を行いました。  主な内容は、「形から入ることの大切さ」です。二学期の子どもたちのがんばりを称賛したあと、次のようにお話ししました。 「明日から冬休みですね。日本の伝統文化や行事に触れる機会がたくさんあります。大掃除、大晦日、除夜の鐘、初日の出、初夢、お年玉・・・。どれも聞いたことがある言葉ですね。みなさんが楽しみにしているお年玉は必ず袋に入っていますね。どうしてだと思いますか?実は「袋に入っている」という形が大切なのです。  昔、プロ野球チームで「東映フライヤーズ」というあまり強くないチームがありました。ところ...
 今朝の外気温はついにマイナス3度となりました。いよいよ、冬のど真ん中に来たな、という感じがするぐらいの寒さです。  鉄棒のところに設置してある逆上がり補助器がボロボロになってしまったので、用務員の山崎さんに修理を依頼しました。時間をかけ丁寧に修理をしてくれて、ごらんのとおり、ピカピカに生まれ変わりました。その仕上がり、まさにプロ級!  早速、体育主任の小川先生が校庭に設置してくれて、これでもう大丈夫。子どもたちの練習のお役に立ちそうです。山崎さんはいつも職人並みの技を発揮して、外部に注文しないでも修理をしてくれます。ありがたいですね。  いつも、この北谷小ホームページをご覧いただき、まことにありがとうございます。ご承知のとおり、今週は通知表の仕上げ作業にかかりっきりになります。しばらく更新をお休みして、最終日に二学期最後の更新をしたいと思います。  ご理解のほど、よろしくお願いいたします。  
 昨日より寒い一日になる、と予報ではいっていたのですが思ったより日中は暖かかったです。  外国語の授業をのぞきました。外国語指導の先生と、ALTの先生のご指導で、5年生がお買い物のスキットについて練習していました。  メニューの一覧をみせ、「What would do you like?」「I'd like Hamberger.Hou much is this?」とお気に入りのメニューを注文して、値段を聞くスキットです。先生方の模範演技をみたあと、子どもたちはさっそくペアをつくって、練習を始めました。みんな楽しそうに会話を交わしていました。  実生活の場面に基づく、生きた英会話の練習が楽しい雰囲気の中で続き、かつての外国語の授業とは隔世の感があります。こうして、子どもたちは英会話に親しみ、中学校での英語の授業の基礎が築かれていくのです。  昔、「あいあむ、えーと、すちゅーでんと。えーとはいらんよ。」と学校の外国語の授業を揶揄するようなCMがありましたが、今の学校の授業の指導法はずっと進んでいますね。  5年生の社会科では、プログラム学習キット「MESH」を授業に活用する場面がありました。  地図帳に記載された地名がどのページにあるかを当てていくウォーミン...
2022/12/14
 今日の朝も、外気温1度。寒い朝になりました。それに加えて、今日はいつもと違った景色になりました。下の写真をご覧ください。北谷小の運動場です。  ご覧のとおり、大変な霧になりました。  でも、グラウンドコンディションは悪くなかったので、いつもの朝と同じように、元気いっぱい外に出て体を動かしました。子どもたちの関心をひいたものが、もう一つありました。  いつものように子どもたちと一緒に校庭を走ろうと外に出ると、「校長先生、みてみてー!」と呼び止められました。  何かと思っていってみると、小さな氷があったのです。上の写真ではちょっとわからないのですが、鉄棒の下ではもっとはっきりしていました。鉄棒のマットの上に、小さな氷のかけらがたくさんあったのです。マットの上の水分が凍って、白く見えたので、子どもたちがたくさん氷を手に入れることができました。 「わー、氷がたくさんあるー!!」  霧のおかげで、いつもと一味も二味も違った運動場。幻想的な太陽の写真を撮ろうとしたら、子どもに割り込まれてしまいました。「いぇーい!」  思えば、私たちが子どもの頃より、水たまりの氷や霜柱をみる機会が格段に減っている...
 このところ、休み時間元気に遊べていた子どもたち。今日は一転して雨模様になりました。そして今日から5時間授業です。いよいよ学期末進行。忙しくなります。  本日、校内書き初め展を行いました。3~6年生は体育館で行いました。体育館は窓を開け、CO2メーターで測定しながら十分な換気を行い、子どもどうしも可能な限り距離を開け、感染に気を付けました。  子どもたちは、これまでの練習の成果を発揮しようと、一生懸命作品づくりに取り組みました。  中には、「校長先生、ここ(の撥ね)どうやってやったらいいか、わかりません。」と質問してくる子もいました。とても感心しました。そうした質問をしてきた子は、向上心に富み、素晴らしい気付きができる高い能力の持ち主です。  習字に限らず、ならいごとというものは正しいやり方を知って、繰り返し練習をすることではじめて技能が上達します。技術を身に着けるには時間がかかります。週1度の書写では、理論を教えるのが精いっぱい。学校の書写の時間だけで、満足のいく作品をつくりあげることはとても難しいといえるでしょう。  大切なことは一人一人手をとって、筆の扱いを教えてあげることです。そう...
 朝夕の冷え込みとは対照的に、日中が暖かいことが幸いです。  校内巡視をしていると、4年生が道徳の授業に集中して取り組んでいました。主題は「わたしのいのち」、生命の尊さを知り、一生懸命に生きようとする心情を育てる内容です。  主人公のゆうちゃんに、おじいちゃんが語り掛けます。 「人はがんばって生きて100年ちょっと。上り坂もある、下り坂もある。曲がりくねった道なんじゃ。それでも、くじけずに歩いていけるのは、いろんな人たちや、見えるもの、見えないものの大きな力がしっかり支えてくれておるからじゃ。人はときどき、生かされていることを忘れて、道にゆきづまる。そんなときは、胸に手を当てて、じっと心臓の音を聞くことじゃ。」  ゆうちゃんは心配して、 「おじいちゃんは、もうすぐいなくなっちゃうの?」 と尋ねます。 おじいちゃんは優しく答えます。 「誰にもいつかは、道の終わりがくる。それがいつになるかは、わからんことじゃ。わしらにできるのは、一日、一日を、おかげさまでと感謝して、せいいっぱい大切にすることじゃ。」 この話を聞き、子どもたちは淡々と自分の思いを発表していきました。 「命は限られているからこそ、精一...
 今日も日中はとても暖かな日になりました。  しかし、校内で大変風邪が流行っていて、欠席児童が多くなっています。現在、文部科学省や厚生労働省からの行動制限はかかっていませんが、今のウイルスの感染力の強さは決して油断できないものです。週末もマスク着用、うがい・手洗いの励行、定期的な換気など十分ご注意ください。  校内巡視していると、5年生が一生懸命書写で書き初め練習に取り組んでいました。素晴らしい集中力でした。  いよいよ、来週13日(火)は校内書き初め展です。心配なのは、道具の忘れです。きれいな文字を書くには、まず道具が整っていることが必要です。今週末にお声がけいただき、13日に書き初め道具の忘れがないようご配慮をお願いします。  2時間目、2年生が「支援籍交流」を行いました。三郷特別支援学校に通っているお子さんと子どもたちが楽しく交流するイベントです。どんな内容か事前に聞かなかったので、体育館に様子をみにいってみると、まあどうでしょう。とっても楽しそうに交流をしていました。  体育館中にドラえもんのテーマが流れ、色鮮やかなテントシートをみんなでもって、楽しそうにダンスを踊っていたのです。み...

栄小学校トップ

穏やかな冬晴れの1月最終日となります。   本日、入学説明会を実施しました。 栄小学校の概要や入学準備に関わる話、保健や事務関係の話、 PTA関係の話をさせていただきました。 また、読み聞かせボランティアのお知らせや学用品の販売も実施しました。 入学準備も大詰めといったところだと思います。 本校への入学を心よりお待ちしております。 本日は入学説明会にご来校いただきましてありがとうございました。
1月も残り2日となりました。   28日(土)と29日(日)の2日間、第63回埼玉県小中学校児童生徒美術展埼葛地区展 が行われました。 本校からも各学年から平面と立体の作品が出品されました。 多くの人たちに本校の力作を見ていただきました。 出品された作品は、明後日から開催される市内美術展にも出品されます。 市内の小中学生の力作を見るいい機会となると思います。 これからも、みんなを感動させる作品を作って欲しいです。
関東地方平野部にも積雪の予報が出ました。   昨日、朝の低学年の読み聞かせを紹介しましたが、 本校では、昼休みにもボランティアさんによる読み聞かせを実施しています。 昼休みの読み聞かせでは、高学年の児童がお話を聞きに来ることが多いです。 昨日も高学年の児童が集中してお話を聞いていました。 年齢を問わず、読み聞かせは大切だなと感じました。 ボランティアの皆様、ありがとうございました。  
寒波の影響が各地で出ているようです。   朝の読書タイムの様子です。 3学期も子供たちは読書を頑張っています。 低学年とさくら・ひまわり学級では、読み聞かせがありました。 冬にかかわりのあるお話や、節分が近いことから鬼にかかわるお話が多かったです。 読書を通して季節の楽しみを味わうことはとても素晴らしいことだと思います。 これからも読書を続けてほしいです。 読み聞かせのボランティアの皆様、本日は冷え込みの厳しい中、 子供たちのためにありがとうございました。   
朝の冷え込みの厳しさには、大変驚きました。   昨日の児童朝会は、飼育委員会による発表でした。 飼育委員の主な仕事内容や飼育小屋にいるウサギについてわかりやすく発表しました。 ウサギに関するクイズもありとても勉強になりました。 飼育委員会のおかげで、学校のウサギは元気に過ごしています。 高学年の頼もしい姿を今後もたくさん見たいと思います。  
関東地方でも積雪の予報が出ました。   本日、3年生がJFAキッズプログラムを実施しました。 JFAの指導者から、サッカーを楽しむための運動を わかりやすく教えていただきました。 どの子もサッカーをとても楽しんでいる様子でした。 3年生は体育の授業でラインサッカーを行っています。 教えていただいたことを、授業でも生かしてほしいと思います。
朝の冷え込みが厳しい日が続きそうです。   1・2年生の生活科の授業の様子です。 2年生が作った「遊びランド」に、1年生が招待されました。 2年生は、学習したことを生かしていろいろな遊び道具を作りました。 遊び方を優しく教えている2年生、この1年間での成長を感じます。 1年生は、たくさん遊んでとても楽しい時間を過ごせました。 来年は自分たちが遊び道具を作って招待する側になります。 遊びながらも、2年生の様子をしっかり見ることができました。 来年の遊びランドも楽しみです。
大寒ですが、寒さの和らいだ一日となりました。   1年生の生活科の授業の様子です。 たこあげに向けて、凧を作っています。 卯年のウサギ、お正月の鏡餅、自分の好きなものなどを凧に描きました。 たこあげを楽しみにしている子も多かったです。 高くあがる凧を見るのが、とても楽しみです。
今週末はとても寒くなる模様です。   今週から、朝マラソンに代わり、「朝長縄」が始まりました。 学校全体で長縄跳びに取り組むのは3年ぶりです。 3分間でどれだけ多く8の字跳びができるかを競い合っていきます。 6年生は3年生のときにたくさん練習したこともあり、引っかからずにたくさん跳んでいる様子でした。 はつらつタイムでも、長縄跳びに取り組んでいきます。 寒さに負けずに練習を重ね、たくさん跳べるようになって欲しいです。
気づけば1月の半分が過ぎていました。   5校時に不審者対応の避難訓練を実施しました。 万が一不審者が校舎内に侵入したときに備えた訓練です。 不審者が侵入しても、子供たちは落ち着いて避難することができました。 先生方も落ち着いて対応することができました。 校長先生からは、日頃からしっかりと話を聞くことの大切さについて話がありました。 話をしっかり聞くことで、落ち着いて行動することができます。 これからもしっかり話を聞き、落ち着いて行動できるようにしてほしいです。
この先、寒さの厳しい日が続くそうです。   今朝、中央中学校2年生の生活安全委員の生徒による あいさつ運動が行われました。 中学生は、子供たちからの挨拶にきちんと挨拶を返していました。 自分から挨拶をしていた生徒もいました。 栄小も中央中も、明るい挨拶でいっぱいの学校になって欲しいです。  
乾燥した日が続いています。   3年生の総合的な学習の時間の様子です。 「吉川のひみつをさぐろう」という学習テーマで、2学期はグループごとに調べ学習を進めてきました。 3学期は調べたことをまとめ、発表をします。 今日の授業では、発表に向け、プレゼンテーションソフトを使って準備を進めました。 各グループしっかり話し合いながら準備を進めることができました。 発表が楽しみです。  
ぽかぽか陽気の一日となりました。   昼休みの校庭に、子供たちの元気に遊ぶ姿が戻ってきました。 鬼ごっこやドッジボールのほかにも、短縄とびや鉄棒、長縄とび を楽しんでいました。 長縄とびでは、先生からポイントを教えてもらい、 引っかからずにきれいに飛ぶ練習をしていました。 みんなで声を掛け合って運動を楽しんでいました。 暖かかったこともあり、たくさん汗をかいていた子もいました。 これからも、みんなで運動を楽しんでほしいです。
今日は鏡開きということで、給食にお雑煮が出ました。   本日、通学班会議及び一斉下校を実施しました。 通学班が集合する時刻と場所、登下校のときの交通ルール等を 通学班のみんなと先生たちで確認しました。 また、一斉下校と合わせて通学路点検も実施しました。 通学路の危険個所を確認し、安全に登下校ができるようにしていきます。 3学期安全に気を付けて、元気に登校してほしいと思います。
あけましておめでとうございます。 本年も栄小学校の教育活動にご理解ご協力よろしくお願いします。   3学期初日の本日は、始業式を行いました。 1年生と4年生が3学期に頑張りたいことを発表しました。 次の学年を見据えた目標を立てていました。 校長先生から、今年の干支「卯」の話や3学期の目標の立て方についての話がありました。 各学級でも3学期のめあてを立てていました。 3学期は次の学年に向け、今の学年のまとめをし、準備をする大事な期間です。 飛躍の3学期となるよう、目標達成に向けて頑張ってほしいです。  
雲一つない、からっとした冬晴れの日となりました。   今日は2学期最後の日でした。 1時間目に表彰と終業式を実施しました。 代表児童が2学期に頑張ったことなど、振り返りを発表しました。 校長先生からも、2学期の振り返りについて話がありました。 また、温かい心や優しい思いを、言葉や行動に表せるようになってほしいとの話もありました。 各学級では、担任の先生から一人ずつ通知表がわたされました。 一人一人の声をかけ、子供たちと一緒に2学期を振り返りました。 しっかり振り返りをすることで、新たな目標ができます。 冬休みを有意義に過ごし、3学期に元気な姿を見せてほしいです。 保護者の皆様、地域の皆様、2学期も本校の教育活動にご理解ご協力いただきましてありがとうございました。  
ゆず湯が恋しい寒い冬至となりました。   2学期も残すところあと1日となりました。 今日は各学級でお楽しみ会や大掃除が行われていました。 クリスマスカードを作っているクラスもありました。 明日は2学期最終日です。 有意義な冬休みが過ごせるよう、しっかり冬休みのめあてと 計画を立ててほしいと思っています。
乾燥した寒い一日となりました。   もうすぐ冬休みですが、栄小の子供たちは朝マラソンをがんばっています。 寒い冬の朝ですが、日々の体力づくりと手洗い・うがいが、より大切になります。 5年生は50m走のタイムを計測していました。 新体力テストから半年、どれくらい記録が伸びたでしょうか。 この冬もしっかり体力づくりに励んでほしいです。
今週末は寒波の影響で寒さが厳しくなるようです。   昨日に続き、今日は5・6年生の書きぞめ競書会を実施しました。 中学年よりも1文字増え、難易度も上がりました。 字の大きさや太さの他にも、線の重なり方や太さの強弱など 細かいところに気をつけながら書くことができました。 集中して取り組んでいる姿も、とても立派でした。 次年度も素晴らしい作品ができることを期待しています。
2学期もあと5日となりました。   本日、3・4年生の書きぞめ競書会を実施しました。 今年初めて毛筆で書きぞめにチャレンジした3年生。 2回目となり、書く字の難易度が上がったなった4年生。 3年生も4年生も集中し、練習した成果を発揮することができました。 大きく力強く書かれた作品が多かったです。 明日は5・6年生が書きぞめの本番です。 一筆入魂でがんばってほしいです。

中曽根小学校トップ

1月19日 6年生 食育指導 栄養教諭による食育指導が行われました。家庭科で学習している内容とも関連付けながら、1食分のこんだてを考えることをテーマにして学習しました。季節の食材や彩りについても考えながらバランスの良いこんだてを考えることができました。
1月18日(水)6年生 校長先生との面談がスタートしました。4人ずつ将来の夢や、学校生活について話をしています。緊張もあるようですが、しっかりと受け答えができています。立派な中学生になるための良い準備になっています。
1月10日 冬休みが明けて、元気な子どもたちが学校に戻ってきました。 転入生2名を迎え、497名での3学期の生活のスタートです。 放送による始業式に臨む子どもたちの顔には、新年のめあてを抱く確かな輝きがありました。 校長からは、「目線、視点を変えると、見えなかった大切なものが見えるようになる。2023年は、新たな視点でものごとを見つめましょう。」といった旨の話がありました。 3学期の登校日数は、わずか51日ですが、毎日が進級、進学に向けた大切な日々です。 子どもたちが元気に登校できるよう、健康管理にご留意ください。
12月23日、放送による第2学期終業式が行われました。 菊名校長の話の中で、「学年ごとの成長の様子を表す漢字」とその理由が発表されました。 1年生:自立     2年生:自主性 3年生:全力     4年生:向上心 5年生:飛躍     6年生:責任感 また、2学期の歩みを写真画像で振り返るプレゼンも視聴しました。 どのクラスも、式に臨む立派な子どもたちの姿がありました。 健康にご留意いただき、よいお年をお迎えください。    
 12月8日 (木)6年生に向けたデジタルシティズンシップが行われました。  インターネットが、人と人とがつながる大切なツールであることを確認しました。また、投稿の仕方や、迷惑メールの見分け方など、便利なインターネットに潜む危険性についても学ぶことができました。参加いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
11月29日(火)今日から、朝の体力づくりとして「8秒間走」がスタートしました。 走力向上は、本校の体力面での課題です。 「8秒間でどれくらい走れるか、どれだけ走る距離を伸ばせるか」に取り組んでいきます。 今日は初日でしたが、全力で走る子どもたちの姿がたくさん見られました。 毎日元気に体力づくりに励むことができるよう、お子さんの健康管理をご家庭でもお願いします。  
11月28日(月)5校時に、吉川中学校との交流活動が行われました。 吉川中学校の1年生が、各クラス1,2名ずつ全クラスに入り、学習の補助、支援を行いながら交流しました。 6年生には2名ずつ入り、中学校生活の様子について詳しく説明してくれました。 それぞれのクラスで、「さすが中学生」といえる姿がたくさん見られた交流会でした。    
  今週は、3年生による1年生への読み聞かせがありました。     「1年生、本を好きになって、たくさん読んでね。」  
  朝顔のリースに、昨日公園で拾ってきた落ち葉や木の実を使って飾り付けをしました。 どこにつけようか迷いながらも、どの子も楽しそうに仕上げていました。  
  木売公園で生活科の「秋さがし」の学習を行いました。 みんな夢中でどんぐりや落ち葉を拾っていました。明日のリースの飾り付けが楽しみです。  
5月に苗を植えたさつまいもを収穫しました。 子どもたちはどんどん出てくるさつまいもに夢中になって掘っていました。    
歯科衛生士の先生をお招きし、ブラッシング指導をしていただきました。 健康な歯や歯肉の状態についてや正しい歯磨きの方法について教えていただきました。
  今日は、市立図書館の職員の方によるブックトークの授業を行いました。 テーマは「世界」 世界の絵本や、世界の衣食住についてなど、いろいろな本を紹介してもらいました。
5年生は、現在藍染体験を実施中です。どのような染め物ができるのか楽しみですね!
雲ひとつない秋晴れの空です。 出発式を終え、5年生が社会科見学に出発しました。 社会科での学習が、より深まる一日になるといいです。
今週は、農家見学とJAフレッシュファーム見学に行きました。 教科書やインターネットで知った知識を実際に目で見て学びました。   引率のご協力、ありがとうございました。
埼玉弁護士会の方から、非行防止についての話をしていただきました。 実際の事件の話を交えながら、少年法や犯罪について詳しくお話いただきました。 全員集中して一生懸命話を聞いていました。
座禅体験の後は、日新館の見学です。 高台からは、素晴らしい景色を見ることができました。 昼食をいただき、磐梯山に別れを告げ、吉川へ帰ります。
今日、最初に訪れた場所は、野口英世記念館です。グループごとに展示物を見てまわり、学びを深めました。 次に訪れた日新館では、座禅体験をしました。貴重な経験ができ、みんなとても喜んでいました。

美南小学校トップ

 26日(木)、歯科衛生士さんを講師にお迎えし、5年生がブラッシング指導をしていただきました。歯肉炎や歯周病について知識を深め、予防するには日頃の歯みがきが大切だと学びました。
 令和5年度入学予定児童の保護者様に来校いただき、入学準備会を実施いたしました。保護者様にお渡しした封筒の中には、入学式や入学までに準備していただくもの・心構え、心と体の健康等について冊子等にまとめてあります。200名以上の保護者の方々に来校いただき、混乱なく進めることができました。本当にありがとうございました。入学前に準備していただくものがたくさんありますので、資料をよくお読みになってご準備ください。  お子様のご入学を心よりお待ちしております。
 19日(木)、24日(火)に吉川市栄養職員さんを講師に迎え、3年生が食育授業に参加しました。授業では、「朝ごはんのひみつを知ろう」をテーマに、朝ご飯を食べると体温が上がることや、朝食の大切さ(頭・体・おなかの3つのスイッチ)を学び、自分の体の成長にとって、とても必要なものだと理解を深められました。「明日から朝食をしっかり食べて3つのスイッチを押したい」という声が多く聞こえました。意識して食べると栄養価が上がるという話もあります。おいしく食べて、大きく成長してほしいです。
 不審者から自分の身を守るために、避難訓練を行いました。各教室でシェルター・バリケードを作って侵入を防ぐ訓練をしました。また、もし後ろのドアから入られてしまったらなど、様々な場合を想定して逃げる訓練もしました。大切な命は1つしかありません。いざというときに正しく行動できるように、1回の避難訓練を大切に行うことで、防犯の意識を高めることができます。
 10日(火)・11日(水)の2・3校時に「書きぞめ競書会」を行いました。11月頃から冬休みまでの2か月間練習を続けてきた成果は、発揮できたでしょうか。画仙紙に臨むその表情は真剣そのもの。きれいな字を書こうとすると、姿勢や心も整っていきます。どの学年も、気持ちを込めて素晴らしい作品をたくさん仕上げていました。真剣な気持ちを大切に、様々なことにまっすぐに挑戦していってほしいです。  
 10日(火)・11日(水)に1年生が凧あげを行いました。凧に思い思いの色や、模様や、イラストを描いて、楽しく行っていました。空高く舞い上がる凧に感動しているようでした。
 1月10日(火)、冬晴れの中、第3学期がスタートしました。風が強く寒い朝となりましたが、子供たちの元気なあいさつが響いていました。2023年の新年はどのように迎えられたでしょうか。お正月は子供たちにとっても特別な行事のようで、家族と過ごしたことをうれしそうに話してくれた笑顔がとても印象的でした。そして、元気に登校してくれたことにとても嬉しく思いました。  第3学期始業式では、代表児童の2人が3学期に頑張りたいことを発表しました。失敗を恐れずにチャレンジする、本をたくさん読む、クラスがよりよくなるように活動したい、さらにしっかりとあいさつをするなど、具体的な目標を掲げていました。また、進級に向けた準備への意気込みも伝えました。児童のみなさんも、具体的な目標を立て、よりよい成果に結びつけていってほしいです。  校長先生からは、「目標」についてのお話がありました。大谷選手のお話の中に、「目標を立てればよいのではなく、いかに目標に向かって真剣に取り組めるかも大切です。」と仰っています。目標を立てるのは自分、その目標に取り組むのも自分、みなさんの周りの人達はみなさんを励ましてくれたり、応援したり...
 本日2学期最終日となりました。今学期も子供たちの笑顔をたくさん見ることができました。終業式では、二人の代表児童が、書きぞめや発表、自主的な学習、あいさつ・そうじと2学期頑張ったことを発表しました。また、3学期へ向けての新たな目標と、6年生は卒業に向けての思いを力強く伝えていました。本当にすばらしい発表でした。校長先生からも挑戦することのすばらしさや自分の時間をみんなのために使うことの尊さを称賛されていました。みなさんは3学期の目標は決まりましたか。できることを増やすには努力が必要です。具体的な目標に向かって、頑張ってくださいね。  生徒指導主任からは、冬休みを楽しく過ごすために6つの事故に遭わないようお話がありました。学校で学んだルールや家庭での約束を守って充実した冬休みをすごしてください。  保護者様には、2学期もたくさんのご協力をいただき、本当にありがとうございました。皆様にとって、2023年がよい年になりますように願っております。
 28日(月)にオンラインによる全校朝会を行いました。校長先生から「意見や考えをしっかりといえる子に育ってほしい」というお話がありました。10月に行われた、6年生の「プレゼンテーション大会」での発表をお手本として、発表してもらいました。すばらしい発表でしたね。自分の思い・考えをしっかりとお話しできるみなさんになってくださいね。
 11月8・11・15日に、3年生が社会科の学習として「イオンのスーパー見学」に行ってきました。イオンスーパーのたくさんの店舗や施設の方々にご協力いただき、楽しく学ぶことができました。普段、近くでは見られないものを紹介していただいたり、入れない場所へ案内していただいたり、3年生からの質問にスライドで分かりやすく教えていただき、新しい発見が多くあったようです。普段利用しているスーパーを身近に感じて子どもたちは、「楽しかったー!」と言っていました。ご協力いただいた店長様・皆様、本当にありがとうございました。
2022/11/14
 5日(土)に表彰朝会を放送で行いました。2学期に実施された展覧会やコンクールで活躍した児童の名前が発表されました。各学級では、名前が呼ばれる度に自信に満ちた「はい!」という返事と周りからは温かい拍手が送られていました。同じ美南小の仲間の活躍に、とてもうれしい気持ちになりました。3学期も書きぞめ展や美術展など、活躍の場が多くあります。美南小児童の多くの活躍を期待しています!
 11月の全校朝会を放送で行いました。校長先生からは「埼玉県のお話」から、自主学習について考えるきっかけをいただきました。自分で考えて学習してみたり、自分が興味関心を抱いたものを深く調べてみたりなど、自分から積極的に意欲的に学習していくことは、いつでも大切です。これからも学習できることが楽しくなるように意欲をもって生活していってほしいです。
 吉川で400年続く料亭「福寿家」さんを講師にお招きし、3年生が昔の吉川の様子や川魚料理、なまずなどの地域学習を行いました。子供たちは、昔の吉川の様子を聞くと、今との違いにとても驚いていました。写真で説明してくださったので、分かりやすかったです。また、吉川で川魚料理が盛んな理由やナマズの生態についても教えていただきました。最後には本物のナマズに触れ合う機会もいただき、子供たちは大喜びでした。大きなナマズの迫力に圧倒されながらも、「かわいい」と撫でる様子が多くみられました。食事を通して命をもらっている私たち。いつでも感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。ご多用の中、説明してくださった福寿家さん、本当にありがとうございました。
 夜は雨が降っていた熱海ですが、雨が上がり今日も天気がもちそうです。 大きな声で「おはようございます」のあいさつに清々しい朝を迎えました。
 夕食後は、伝統工芸品の箱根寄木細工体験をしました。寄木細工職人の方から、特徴と作り方の説明の後に、思い思いにコースター作りを行いました。どんなコースターができるかな。みんな真剣に作成に取り組んでいました。できあがった作品はお土産として持ち帰ります。
 食事の時間になりました。沢山歩いたし、おやつも食べていないので、お腹がすいた様子です。みんな美味しそうに食べていました。おかわりをする子も。美味しくいただきました。

東中学校トップ

東中学校には、白の妖精がいます。 明日から、また冷え込みが厳しくなり、本日(1/27)は雪がちらつくかも・・・という予報がなされています。 そのために、凍結防止剤を散布しました。 撒いてくれたのは、東中の白の妖精さんたちです。 ホント~にありがとう! 路面が凍結して滑って転んでしまう生徒が1人でも減れば、うれしいですね!(妖精談) まぁ、予報が外れてしまうかもしれませんが、それはそれで良かった(/・ω・)/というコトで。 「空振り三振は許されるが、見逃し三振はしない。」の意気込みで頑張ります。
昨日(1/26)、初任者研修の日に出張してしまうA先生の代わりに、授業を受け持ってくれていた先生が最後の勤務を終えました。 一年間の感謝の気持ちを込めて、花束の贈呈を行いました。 これで無事、A先生の初任者研修が終了しました。 「来年も、お互い頑張りましょう!A先生!!」
本日(1/25)県内の複数の中学校、高等学校に生徒に危害を加えるという内容の文書が届きました。 その対応についてメールでもお知らせいたしましたが、職員が下校時にパトロールを行いました。 昨日は、高校に殺害予告も届いたそうです。詳しくはyahooなどで検索してみてください。 本校では、職員が下校時にパトロールに当たりました。 多くの学校が実施したと思いますが、東中は学区が広い・・・๛(-△-;)  ↑パトロール1号です。 何はともあれ、生徒に被害がなかったのが救いでした。 これからも、安全な学校づくりを推進します。
昨日の、③ド〇キ〇ーテではありません。の記事の続きです。 祝 再入荷です。 商品?は・・・↓でした。 (拡大) 傷んだバドミントンのシャトルをリメイクしたキーホルダーです。 これも、広い意味ではSDGsの取り組みになるのではないかと思っています。
年明け、ブログの更新が滞り気味で、楽しみにしていただいた読者の皆様、申し訳ありませんでした。 1月1日は頑張れたのですが、三日坊主にすらなれませんでした・・・(´;ωp[反省]q ということで今週は・・・ ①1クラスですが学級閉鎖になってしまいました。  昨年は、まだ「閉鎖”0”です!」を売りにしていましたが・・・残念です。 ②市内書初め展が行われました。  作品を校内でも展示しています。 ③ド〇キ〇ーテではありません。  大空学級の生徒たちが、授業で作ったものを配布しました。  写真を撮る前に売り切れになってしまいました。  入荷をお待ちください。   ポップも上手にできていますね。
昨日(1/10)の始業式を終え、新学期2日目が終わりました。 元気に活動する生徒たちのこえが響くとともに、今日からは給食も始まりました。 少しずつ、通常の学校生活に戻りつつあります。 始業式では、代表の生徒が抱負を語ってくれました。 一人ひとり、内容は違うと思いますが有意義な1年にしていきましょう。
保護者の皆様 地域の皆様 学校運営協議会委員の皆様  昨年1年間大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。  まだ今年も新型コロナウイルス感染症の影響は残りそうですが、未来の東中のために、粉骨砕身の努力を継続いたします。  ↑ は初日の出の写真です。  再び感染拡大しているようですが、感染拡大の抑止には、不要不急の外出や「密」を避けることが大切と言われています。(相変わらず・・・。°(ᵒ̴̶̷᷄ᴥᵒ̴̶̷᷅)°。) ですが、この写真は「密」とは縁遠い場所で撮影しました。 今年も一番乗り!働き方改革の視点では。。。o(゚^ ゚)ウーン汗汗汗ですが、とても(((=_=)))ブルブルでした。 日の出と逆方向には、きれいに富士山が見えましたので、こちらも掲載します。↓ ※どちらの写真も昨年のものとよく似ていますが、R5年元旦撮影です。 注意…少々加工してあります。
コロナウィルスに翻弄された2学期でした。←今学期だけではありませんが。 しかし昨年の2学期は、新人戦も合唱コンクールも中止、さらに修学旅行も中止という状況だったのを考えると、それに比べれば、だいぶ以前の日常が戻ってきたカンジはありました。 でぇ~もぉ~、昨年の今頃の新規のコロナ感染者数は、かなり少なかったような記憶があります。 今は・・・いわないほうがいいですネ! 生徒の皆さんは、休み中も規則正しい生活を送り、元気に1月10日の始業式に登校してください。 「東中学校でボクと握手!」←元ネタを知っている方はどのくらいいるのでしょうか?
本日(12/20)、大掃除を行いました。 一年間の感謝の気持ちを込めて、なかなか目が行き届かなかったところまできれいにしました。 毎日清掃はしていましたが、それでもたまってしまった汚れを落とすために、みんな一生懸命取り組んでいました。 自分から仕事を探して取り組む姿は、輝いて見えました。 気持ちよく2学期(1年)が終われそうです。 そんなみなさんの輝かしい清掃の姿を紹介します。   ココでも大掃除していました。ありがCHU♪(''ε゚人)*.+゜  ↓これは・・・誰でしょう?
昨日(12/15)、三輪野江小学校の6年生が東中を訪れました。 ほぼ全員が東中学校に進学してくる予定です。 東中でやったコトは↓です ദ്ദി^._.^) ①中学校の教室で授業を受けてみる! ②中学校の施設を見学してみる!です。 教室では、黒板が上下に動かない(。-`ω-ก)ウーンと少々戸惑いもありましたが、持参したクロームブックを使って算数の授業をやりました。施設見学では、体育館で「ひろ~いヽ((◎д◎ ))ゝヒョエー」などの感想も聞かれ、概ね好評だったようです。 今回は、中学校の教室で、いつもの担任の先生の授業を受けてみる。という活動でしたが、来年予定されている2回目は、中学校の数学の先生に「算数」をやってもらいます。 どんな違いがあるのか、今から (*゚д゚*)ドキドキ でしょうか? 今後も、三輪野江小学校、旭小学校ととも、小中一貫教育を推進します。 「入学お待ちしています (o'ω')ノ<イラッシャイマセ~♪」  
昨日(12/12)、砂場に新しい砂を補充しました。 だいぶ減っていたので・・・減った砂は誰かが食べてしまったのでしょうか? 「おなかを壊すのでやめてくださいネ!」って東中にはそんな生徒はいません(# ゚Д゚)プンプン でも、入れた砂を平らにならすのを手伝ってくれる生徒はいますヽ(^o^)丿 さっそく校長賞が申請されました。 その快く「やります」と言ってくれた気持ちがうれしいです。(推薦者談) 今の時期だと、今年最後になってしまうかもしれません。 来年もたくさん賞状を交付させてください。 追伸.まだ、年内分も間に合いますよ。
12/10 市民交流センターおあしす で吉川市図書館を使った調べる学習コンクールの表彰式が行われました。 東中からも受賞者が出たので、出席させていただきました。 そこで驚いたことが・・・このコンクールに中学3年生で応募したのは1名!東中から出た受賞者(仮に)F君だけでした。 いやぁ~さすが東中ですね。自ら抱いた疑問を調べる(≒主体的な学び)を3年生が実現させています。受験勉強とかで忙しいと思うのですが、これが本当の学びですね。 あらためて「おめでとうございます。」学校でも表彰させてもらいます。
昨日(12/8)は2、3年生が本日(12/9)は1年生が保護者会を行いました。 ご参加いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。 2年生と3年生は仮設スタジオからすっかりおなじみになったオンライン配信で、1年生は親子レクリエーションとしてドッヂボールを行った後、そのまま体育館での実施となりました。 最近はオンライン配信での形が主流となっていましたが、1年生は親子レク→体育館で開催というコロナ禍前の方法となりました。 「どちらが良いのか?」と聞かれると、どちらも一長一短あり「(σゝ∀・)σコッチ!」と言い切れないところはありますが、久しぶりに親子レクの様子を見ると「こっちかなぁ~σ(´-ε-`)ウーン」という気分になりました。 結局は、その時の生徒の様子で「どちらも選択できる!」という状況が最善ではないかというのが私の結論です。  
12/1に2年生が東京フィールドワークに行きました。 来年の修学旅行に向けた取り組みの一環として行っています。 東京駅の下見と京都での班別行動の練習です。 でも、今年の2年生は日ごろの行いがよほど良いのでしょうか、昨年の自然教室(スキー)も実施できましたし、今回の東京フィールドワークも・・・٩(ˊᗜˋ*)وィェーィ♬*゜ この調子で、修学旅行もε=┏(·ω·)┛できることを信じています。  
 10/30に、今年も陳先生をお招きして、3年生を対象として「生」教育講演会を行いました。  命の始まりは奇跡であることや、胎児の成長の様子をお話していただき、特に胎児の成長については、エコー映像を用いて特に詳しく説明していただきました。  昨年同様、。゚( ゚இωஇ゚)゚。ウルウルと感動するお話でした。  また、性感染症恐ろしさや、SNSなどによる性犯罪についても、専門的な見地からお話をいただき、とても有意義な時間となりました。  最後に、「生きてるだけで100点満点」という言葉とともに、「君は愛されるために生まれてきた」という強いメッセージを伝えていただきました。
朝のあいさつ運動に東中の生徒が参加しました。 11/29が旭小学校(3年生)、11/30は三輪野江小学校(2年生)でした。 小中一貫教育を考慮した連携強化の意味合いもありますが、「安心して中学校に入学してきてね。待ってます。」という先輩からのメッセージをあいさつを通じて後輩に伝えるのが目的です。 参加した生徒は、小学生の元気で力いっぱいのあいさつに圧倒された面もあったようですが、成長に伴いあいさつのしかたも変化し、いつでも・どこでも・大きな声で力いっぱいという挨拶から、時と場合に応じたあいさつに進化しました。 聴き方によっては「少し元気ないなぁ」というように聞こえてしまう時もありますが・・・(o´・ェ・`o) この後、三輪野江小学校の6年生が本校を訪れる機会があります。 その時は、小学生に負けないくらいの力いっぱいのあいさつを期待しています。
本日、竜巻を想定した避難訓練を行いました。 VTRで竜巻について学んでから、実際にシェルターを作ってみました。 実施前から、少々気になってはいたのですが、3年生は・・・大丈夫? 「なにがっっ?」というと、机の下に隠れられる(入れる)のか?ということです。 結論は、何とかなりましたε-(´∀`*)ヨカタ だいぶ窮屈そうでしたが・・・ まぁ、そんなに頻繁に避難するわけではないので、その時だけは我慢してもらうということでお願いします。 でも万一の準備はしておきますが、実際にシェルターの出番がないことを祈っています(-ノ-)/Ω祈願・・・祈願 3年生でもシェルターに避難できました。٩(ˊᗜˋ*)و”
11/1は「彩の国教育の日」、11/1~11/7は「彩の国教育週間」でした。 そこに合わせて(少しズレてますが|゚д゚) )先生方も研究授業に取り組みました。 11/8は東部教育事務所の先生を招いて授業について御指導をいただきました。 K先生は、さらに翌日(11/9)も市内他校の先生方に授業を見ていただき、御指導をいただきました。 教育公務員特例法にも「絶えず研究と修養に努めなければならない。」とありますので、法令遵守です。 でも、法で定められているから研修するわけではなく、少しでも良い授業を生徒たちへ提供したいとの思いから学んでいます。 これからも、東中職員一同頑張ります。応援よろしくお願いします。 ←K先生です。「立たされているわけではありませんよ」
 昨日(11/8)、バレーボール部の県大会が残念ながら終了してしまいました。結果は、「県ベスト16!」でした。埼玉県には中学校が447校あります。(令和4年度学校基本調査 速報より)その中の16とは、上位3.6%に入ってます。これはスゴイことですよね。  夕方、学校でも応援に行けなかった先生方はオンラインで観戦し声援を送っていました。←こんなところでもGIGAスクール!です。  新人戦は確かに大きな目標ですが、集大成となる来年の学総大会では更に上を目指して頑張ってください。 戦績 1回戦 vs草加市立谷塚中学校【勝利】(25-22 25-21)  2回戦 vs熊谷市立荒川中学校【惜敗】(19-25 17-25)
 10 月 18 日(火)吉川美南公園で市内駅伝大会が開かれ、東中学校女子チームが優勝し、県大会へ出場しました。  先日(11/5)、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場及び公園内特設コースで県大会が開かれました。さすがに県大会で「優勝!」とはいきませんでしたが、みんな力走を見せてくれました。  学校のっ!いやっっ吉川市の代表として頑張ってくれた選手の皆さん「ありがとうごㄜ"いました(*ᴗ͈ˬᴗ͈)ꕤ*.゚」  

南中学校トップ

 今日の学校ホームページの写真は、1年生の保健体育の授業の様子です。授業のはじまりは、鬼ごっこの要素を取り入れた運動です。生徒たちが、とても楽しそうに運動に取り組んでいました。寒さの厳しい時期ですが、そんな中でも、南中学校の生徒は、とても元気に活動しています。
 1月30日(月)、1年生が2月1日(水)に実施予定の校外学習に関する事前指導を行いました。集会では、校外学習で訪れるキッザニア東京での集合の仕方や写真撮影の体型づくりなどを学んでいました。出発まで残り2日となりました。期待は膨らむばかりですね。
 1月26日(木)、差出人の書いていない封筒が学校に届けられました。とはいっても、怪しい話ではありません。かいつまんで説明すると、本校の生徒が電車の中で学生証を落としてしまい、それを拾った方が学校まで郵送してくれたというのです。優しい心遣いにあふれた文面と、わざわざ速達で郵送していただいた心遣いに、心から感謝しています。前述のとおり、差出人は書いていなかったので、直接感謝を伝えることができませんが、せめてホームページ上で感謝の気持ちを伝えたいと思います。この度は、本当にありがとうございました。 追伸 封筒の消印には「新宿」とありました。今週は、県内の学校に爆破予告等のメールやFAXが届いたといった悪意に満ちた事件がありました。しかし、こうやって人の「善意」に触れることができ、良い週末を迎えられそうです。
 今、南中学校の給食の時間には、放送委員会によるリクエスト放送が流されています。しかも、生徒からのリクエストは、グーグルフォームを使って募集・集計されています。コロナ禍で学校では黙食を継続していますが、その給食に彩を添える校内放送です。放送委員会の皆さん、ありがとうございます。
 今朝の気温は、-3℃でした。10年に1度の最強寒波ということでしたが、予報より気温は下がらなかったようです。それでも、中庭の池は全面凍結し、外にある水道も凍結していて使えませんでした。そんな中庭には、特別支援学級の生徒が耕している農園があります。そして、今はキャベツとブロッコリーが植えられています。10年に1度の寒さの中でも、ブロッコリーがすくすくと成長していてすごいなと思いました。そして、もちろん生徒も頑張っています。外では女子ソフトテニス部、体育館では男子バレーボール部と女子バスケットボール部が活動していました。子供は風の子とはいいますが、南中学校、寒さに負けず頑張っています。
 1月24日(火)、テレビや新聞で10年に1度の最強寒波が来ると大きく報じられています。今朝も、冷たい雨が降る中、南中の生徒は元気に登校しています。ところが、予報とは裏腹に日中は天気が良くなり、昼休みになるとポカポカ陽気。生徒は元気に校庭で遊んでいて、とても楽しそうです。とはいっても、明日の朝の最低気温は∸5℃の予想です。また、雪が降るとの予報もあります。現時点で、特別な措置は考えていませんが、必要に応じてH&Sで対応をお知らせすることがあるかもしれません。保護者の皆様におかれましては、ホームページとH&Sの通知にご留意いただければと思います。
 今、南中学校の音楽の授業では、ギターの演奏を学んでいます。ギターは、左右の手の役割も、使い方も全く異なる楽器です。以前に紹介した琴は、調律された弦を弾けば、ちゃんと音が出てきたので簡単そうでした。しかし、ギターは音程が変われば、左手の指の位置も変わります。しかも、しっかり押さえなくては、きちんとした音が出ないのです。ということで、みんな悪戦苦闘しているようです。みんな頑張ってね! 追伸 2年生の弾いている曲は、「カルッリのエチュード」です。う~ん、曲名だけでも難しそう。
 今、南中学校の特別支援学級では、カレンダーづくりを行っています。一般的なカレンダーは1月から始まりますが、本校のカレンダーは、学校用のカレンダーなので4月始まりです。というわけで、新年度の新しいカレンダーづくりが急ピッチで進められているというわけです。カレンダーに用いられている版画は、すべて生徒の作品です。その版画の色も、校内で調合されたものです。とても素敵な版画、そして、美しい色。カレンダーの出来上がりが楽しみですね。
 1月20日前後は、一年で一番寒い時期とされる大寒です。校庭に目をやると、サッカー部、ハンドボール部、女子ソフトテニス部が朝練を行っています。また、体育館では剣道部とバドミントン部も練習をしていました。(音楽室からは吹奏楽部の練習音も聞こえています。)大寒だけど、みんな頑張っているね。  そんな寒い朝、中庭では紅梅の花が一輪咲いていました。冬来たりなば春遠からじ。梅の花を見ながら、春の栄冠は冬の努力によってもたらされるのだなと考えました。
 今、2年生の理科の授業では静電気について学習しています。この時期は空気が乾燥していて、静電気も発生しやすく、実験にはうってつけの時期です。ということで、理科室をのぞいてみると生徒が塩ビパイプを一生懸命にこすり、手作りのコンデンサーにためていました。プラスチックコップとアルミホイルという生活用品でつくったコンデンサーだけど、意外と威力があるのです。さて、実験はうまくいったかな?
 1月13日(金)、3年生の総合的な学習の発表会が行われました。2学期に学んできた「国際理解」に関してまとめたものを発表する場です。3年生の先生方から、ぜひ見に来てほしいと言われ、体育館に行ってみるとビックリしました。各クラスの代表生徒が、自分自身で考えた探究課題に基づき、調べ、まとめ、考えたことをタブレット端末を使って発表していきます。そのレベルの高さがすごいのです。言語に興味を持ち、国によってどんな言語がどのように使われているのかといったことを調べた発表は、研究の切り口も素晴らしかった。へぇ~、なるほど~と感心しきりとなってしまいました。このように、どの発表も素晴らしく、そして、探究的でした。さすが3年生!卒業させるのが惜しくなりました。(そういうわけには、いきませんね。)  さて、令和4年度、本校では探究活動に力点を置き、特に問いを立てる力の育成を目指してきました。また、吉川市では、教育ビジョンの目標の一つとして、「自ら課題を発見し、あきらめずに追及する、やり抜く力」の育成を掲げています。探究的な学びは、一朝一夕に完成するものではありません。しかし、それに近づこうと努力しなければ、決し...
 12月から約1か月にわたり、雨が全く降らない日が続いていました。そんなわけで、先週は空気も極限まで乾燥していました。そんな中、保健委員さんが各教室に加湿器を設置してくれました。空気を加湿することは、インフルエンザや新型コロナのウィルスの感染力を下げる効果があります。今年はインフルエンザも流行しそうです。お互い、健康には気をつけなくてはね。
 中学校の3年間は、いわゆる成長期の3年間です。言い換えれば、子供から大人へと成長していく過程の3年間でもあり、その成長には目を見はるものがあります。ということで、今日の写真は3学期初めの発育検査の様子です。終わった生徒に、「身長伸びた?」と話を聞くと、とてもうれしそうに「伸びました」と返ってきます。う~ん、ちょっとうらやましいな。  
 1月11日(水)、今年度3回目となる避難訓練を実施しました。今回の避難訓練は、昼休み終了の予鈴直後に地震が発生したという想定で実施しました。よって、これまでのように全ての生徒が教室にいて、そこから避難するというわけではありません。初めてのことですから、戸惑いがあるのはいたしかたがないことです。しかし、災害はいつ来るかはわかりません。こういった訓練を通して、自分の身を守る術(すべ)をしっかり身に着けてほしいと思います。
 学期の始まりは、行事が目白押し。本ホームページでお知らせしたいことが一杯です。それにも関わらず、最初に紹介するのは給食です。「なぜ、給食?」と思われた方もいるかもしれませんね。実はちゃんと理由があるのです。令和5年度、埼玉県の学校食育に関する研究会が吉川市で行われるのです。この機会に吉川市の子供たちが健やかに成長するため、南中学校でも食育指導に関して、共に学んでいきたいと考えています。ということで、給食の話となったのです。  さて、令和5年最初の給食のメニューは雑煮です。でも、いつもとちょっと違います。食べた瞬間にわかりました。出汁(だし)が違うのです。しっかりと煮干しを使って出汁をとっているのがわかります。出汁とはうまみ成分、アミノ酸です。アミノ酸はタンパク質の構成要素だから、とても大切です。だから、食べておいしいって感じるのですね。どこの学年もおいしそうに食べていました。残さず食べるのも食育ですよ。
 1月10日(火)、令和4年度3学期が始まりました。1年で1番短い学期である3学期の授業日は、52日しかありません。(3年生は、もっと少ないのです。)一日一日を大切に、充実した学期にしてほしいと思います。 追伸 今朝は風が強かったのですが、とても良く晴れた日となりました。そして、久しぶりの学校。みんな元気に登校していました。事件・事故もなく、冬休みも無事終了!本当に良かったです。
 12月23日(金)、2学期終業式を実施しました。式では、生徒会と各学年代表生徒が2学期を振り返り、2学期の反省と3学期に向けた目標をしっかり話してくれました。また、式の後には、美術や作文といった文化的な活動を中心に多くの表彰を行いました。文化的な面でも、南中生の頑張りを感じた表彰式でした。ということで、1年で一番長い学期、2学期79日間が無事終了しました。ありがとうございました。 追伸   496名すべての生徒と、南中学校のすべての先生方、そして、南中学校を支えてくださったすべての保護者・地域の皆様・教育関係者の皆様には、年末年始をつつがなくお過ごしいただきたいと願ってます。よいお年を!そして、来年もよろしくお願いいたします。
 12月21日(水)、この日は2学期最後の給食と大掃除の日です。最後の給食のメニューには、生徒が楽しみにしていたケーキもあります。学校で食べるケーキって、意外と美味しいんです。各教室では、余ったケーキの争奪戦(じゃんけん)が繰り広げられました。また、授業が終われば大掃除です。今年の汚れは今年のうちに!ということで、普段できない個所を徹底的に掃除しました。ワックスをかけられた教室の床はピカピカです。さぁ、1年で1番長い2学期も、明日で終了です。もう、準備は万端だね。
 12月20日(火)、2学年保護者会を実施しました。これで全ての学年の2学期保護者会とデジタルシチズンシップ教育の大人版視聴が終了したことになります。朝からとても寒く、さらには年末のお忙しい中、多くの保護者の皆様にご来校いただきました。ありがとうございました。
 12月19日(月)、朝の最低気温はマイナス3℃。中庭を見ると池の表面が凍っている。南中学校の初氷です。年の瀬が近づくにつれ、寒さも厳しくなってきました。そんな寒い日でも、南中の生徒は元気いっぱい。3年生の保健体育は、校庭のソフトボールと体育館のバスケットボールに分かれて授業を行っています。特にソフトボールは温かな日差しもあいまって、とても楽しそうです。一打席、立たせてくれないかな?  

中央中学校トップ

1月31日(火)  先週、今週と最高気温が一桁の日が続いています。さらに今日は、強い北風の中での授業となりました。そんなグラウンドですが、3年生は、サッカーのゲームを楽しみました。  どうしたらパスがつながるのか、強いシュートを打つにはどのように足を使えばよいのか…頭と体をフル使って学びを楽しみました。3年生は、公立入試に向けてラストスパートの時期ですが、 生徒の顔には笑顔が見られ、元気な声がこだまするグラウンドは、しばし心がホッとする空間になりました。埼玉県公立高校入試まで22日。ガンバレ3年生!
1月30日(月)  来週のパフォーマンステストに向けた練習を行いました。「今までで一番よかった思い出は?」という質問で行いました。事前に知らされてはいるものの、ALTの先生とマンツーマンでの英会話は1年生にとっては緊張感漂う時間になりました。  今年度から東京都では、都立高校の入試で英語のスピーキングテストが導入され、既に11月下旬に終了しています。埼玉県公立高校入試では、昭和の時代からヒアリングテストが実施されていますが、時代(次代)の要請が変わってきているようです。教室内で順番を待つ生徒のマスク越しに漏れてくる英語が心地よく感じられる授業でした。ガンバレ1年生!
1月28日(土)  いよいよ最終日です。朝の健康観察、全員異常なし!全員で最後のレッスンに参加しています。新しいゲレンデに連れて行ってもらえている班が多いようです。  普段、吉川では味わうことができない”雪の感触”を堪能しながら非日常の感動を味わっています。
1月27日(金)  「長野フルコース~最高の思い出と笑顔を添えて~」をスローガンに始まった1年越しのスキー教室も2日目を迎えています。コロナ禍が続く中、本当に実施できるのか、常に不安を抱えながらの様々な準備でしたが、本当に一安心です。中央中としては3年ぶりのスキー教室です。  213名での集団行動。ルールやマナーを守りながらの楽しい思い出づくりの3日間です。2日目も体調不良者なく、レッスンに参加しています。  菅平高原、本日の気温氷点下4度、天気は曇り、パウダースノー。絶好のゲレンデコンディションです!  
1月27日(金)  2年生はスキー教室真っ只中ですが、今日は1年生が関小学校であいさつ運動を行いました。  小中一貫の取り組みとして行っているあいさつ運動にはいくつかのメリットがあると私は考えています。中学生は小学生を指導する立場となり、後輩たちに見られているという意識がプラスの言動につながります。小学生は顔見知りの卒業生を見つけ、新鮮な気持ちであいさつをしながら、「あんな先輩になりたい」という思いがプラスの言動につながります。  さらに、規範意識を身につけるには、中学生になってからでは遅いという研究結果もあり、早い時期から小学校と中学校が連携して、あいさつ運動などの取り組みを継続することで規範意識を身につけさせ、さらに”中1ギャップ”の解消につなげていきます。今日は関小学校の代表児童も中学生と一緒にあいさつを行ってくれました。関小学校の児童のみなさん、ありがとうございました。      
1月25日(水)  2年生の授業の様子です。いよいよ2年生は、明日からスキー教室になります。  これまでどんな時も2学年249名が力を合わせ、スキー教室の成功に向けて取り組んできたことと思います。意見が合わず仲間とぶつかったこともあったでしょう。わがままを言い周囲を困らせた時もあったことでしょう。このスキー教室を成功させるためにこれまで取り組んできた裏には、そういった過程が必ずあったはずです。その過程での一人一人の心の葛藤が、個人として、そしてクラスや学年が成長していくためには必要なのです。  さぁ、スローガンにもあるように、みんな笑顔で最高の思い出をつくりましょう!一緒に過ごした仲間との時を忘れることのないように。
1月24日(火)  先週の2年生に続き、今週は1年生が母校に訪問してあいさつ運動を行います。思えば、今日参加してくれた6名も1年前は逆の立場(小学生)にいたわけで、後輩にしっかりとあいさつをしている姿を見ていると、あらためて中学生の伸びってすごいなと感じました。  小さな苗が苗代で密集してもまれながら勢いよく成長する。中学生という時期はやっぱり狭い教室で仲間とあーだこーだと言い合いながら学ぶことが大切なのだと感じる時間になりました。  栄小学校のみなさん、ありがとうございました。27日は関小学校にお邪魔します。
1月23日(月)  昨日から県内私立高校の入学試験が始まりました。中央中からは延べ193名の生徒が受験します。今週の3年生のクラスは毎日何名かが不在ての授業が続きますが、残っている生徒の授業へ取り組む姿勢はいつもと変わりません。  数学は、円周角を使って相似であることを証明する授業でした。空席が目立つ教室の中でもいつもと変わらずに積極的に発言する姿が見られ、数学が「数楽」になりました。明日もガンバレ受験生!
1月19日(木)  日本語と触れ合い心を豊かにするを目的に実施された、生徒会本部企画「川柳コンクール」の表彰式を行いました。応募総数47句、生徒会本部役員による一次審査で7句にしぼり、最後は全校生徒の投票で賞を決定しました。  今回のこの企画で特筆すべきことは、計画から表彰式まで生徒が主体的に動いたことです。教師は生徒からの質問に「あなたはどうしたいの?」と逆に質問を投げかけ主体性を身につけさせることに終始したようです。「あなたはどうしたいの?」主体性を身につけさせる魔法の言葉ですね。  応募してくれた生徒のみなさん、生徒会本部役員のみなさん、ありがとうございました。  
1月18日(水)  集団生活の良さのひとつに、自分とは普段関わりのない人たちの話を聞く中で多様な価値観を学ぶことができるということがあります。  今日の生徒集会では、保健委員会からの発表と生徒会企画「川柳コンクール」の表彰がありました。保健委員さんが実際に実験をして、細菌の増え方を測定し、手荒いの重要性について話をしてくれました。また、川柳コンクール優秀者の句の紹介がありました。  各クラスでの話を聞く姿勢が素晴らしく、先生方も含め学校の一体感を感じる時間になりました。保健委員さん、放送委員さん、生徒会本部役員のみなさん、ありがとうございました。
1月17日(火)  小中一貫教育の取り組みです。コロナ禍で実現できていなかった生徒によるあいさつ運動を栄小学校で行いました。  制服に身を包み、母校の後輩を正門で迎える中学生の姿はいつもより堂々と、そして微笑ましく感じます。今後、中央中学校区児童生徒の貴重な交流の機会として定期的に行っていきたいと考えています。今週金曜日は、関小学校にうかがいます。  栄小学校の児童のみなさん、大きな声であいさつを返してくれてありがとうございました。
1月16日(月)  2年生、理科の実験の様子です。電流や磁界の向きを変えた時、コイルの動く方向を調べる実験です。  「知りたい!」の強い思いが集中した作業につながっています。電気を流すとなぜコイルが動くのか?その疑問が理由や仕組みを知りたいという学びの意欲につながります。この実験は、様々な家電や機械に使われているモーターの仕組みにつながる話ですね。この後の授業では、フレミングの左手の法則(左手の中指が電流, 人差し指が磁場, 親指が力の向き)として理解を深めていきます。
1月13日(金)  けやき・ゆりのき学級、1月のろう下掲示物を紹介します。今月も季節感たっぷりに仕上がっていますね。  校内の掲示物は、単なる飾りではありません。教室は生徒にとっての学習の場であり、ろう下を含めた校内の空間は生活の場です。学校生活や学習に生きる掲示物であることが基本です。「何を育てるために」「どこにどのように掲示するのがよいか」『掲示物があることでより良い環境になる』中央中ではそんな掲示物作りを実践しています。  けやき・ゆりのき学級のみなさん、2月の掲示物も楽しみにしています。
1月12日(木)  今日から通常授業が再開されました。各学年の教室を回ってみると、目つきが違うのはやはり3年生です。それもそのはず、いよいよ来週は私立入試の中心日、県公立入試までは約1か月です。3年生には、偶然ではなく必然の合格を勝ちとってほしいと願います。  偶然というのは、たまたまそうなること。例えば「受験勉強を本気でやらなかった。でも、合格できてしまった。」これはたまたま運がよかっただけで、今後の人生を考えると、次も同じ結果になるとは限りません。対して、必然は、必ずそうなること。「猛勉強をした。だから、合格できた。」ということ。  中央中の3年生には、ぜひ後者が多いことを願います。ガンバレ3年生!
1月11日(水)  不審者対応の避難訓練を行いました。昨年10月に県内の中学校で発生した、不審者が校内に立ち入り生徒を負傷させた事件を想定しながらの訓練です。不審者対応の訓練は中央中では初めての試みです。  中央中では、日頃から保護者や地域の方々と協働し、不審者を学校に入れない取組を強化していますが、万が一侵入を許した場合に備え、今回実施しました。  訓練が終わった後も中央中では、自分や仲間を守るためにどういう行動をとればよいか、一人ひとりが自分で考えられるように具体的な指導を行っていきます。また、常に防犯体制の見直しを図り、生徒の安全確保に努めてまいります。
1月10日(火)  1・2年生は51日、3年生は45日の3学期が始まりました。生徒のみなさんは、勉強や部活動などそれぞれの目標をしっかり定めて今日の始業式にのぞんだことと思います。その目標の実現に向けて「ひたむき」に努力を続けてください。  このお正月休み、駅伝、ラグビー、サッカー等々、様々なスポーツをテレビ観戦しました。それぞれの試合、それぞれのプレーにドラマがあり、”感動”の気持ちでテレビに釘付けになっていました。ただひたすらに襷をつなぐ、ただひたすらに勝利を目指す「ひたむき」な姿はやっぱりかっこいい!  今年も中央中生のたくさんの「ひたむき」な姿を見つけホームページに毎日アップしていきます。楽しみにしていてください。まずは、3人の代表生徒のスピーチする姿、新年最初の「ひたむき」な姿でした。
12月23日(金)  各学年代表生徒が2学期を振り返り、成果と課題を発表しました。マスク越しのその眼差しは2学期の振り返りと同時にすでに3学期を見据えているように感じました。誰もが望んでも経験できない貴重な体験を立派に成し遂げてくれました。ありがとうございました。その後、校長先生から、自分の成長の確認をする、家族へ感謝の気持ちを伝えるなどの話がありました。次に生徒指導担当の先生から冬休みの過ごし方についての話がありました。トラブルに巻き込まれないようご家庭での指導をお願いします。最後に表彰生徒の発表が行われました。  2学期の登校日は79日。今学期も様々な制約がある中で中央中の生徒はよく我慢して頑張りました。来年は当たり前の学校生活が当たり前に行われることを願って2学期を締めくくりたいと思います。今年も中央中へのご理解とご協力に感謝申し上げます。  みなさま、よい年をお迎えください。
12月21日(水)  2学期の最後に嬉しいニュースが届きました。新聞等を見て既にご存知の方もいると思いますが、本校1年生の竹澤彩葉さん(たけざわいろは)が第13回「いっしょに読もう!新聞コンクール」で奨励賞に選ばれました。  祖母から聞いた戦争の体験を具体的かつ表現力豊かに”手書き”で新聞にまとめました。新聞の完成度もさることながら、戦争という未体験の出来事を「自分事」として捉えている感性に感心しました。  やはり、”手書き”の文字は、読む人の心に訴えるものがあり、デジタルにはない良さです。中央中の先生方は、試行錯誤を繰り返しながら、アナログとデジタルを使い分けた授業づくりに取り組みます。(写真の新聞記事は、12月20日付読売新聞朝刊より抜粋)
12月20日(火)  2学期の登校日も今日を入れて4日となりました。今日は全校で大掃除を行いました。  中央中の生徒は、誰かが見ている、見ていないは関係ありません。自分のやるべきことを当たり前の事として丁寧に取り組みます。その道の達人と呼ばれている人は、自分のやるべきことを当たり前のこととして丁寧に取り組みます。だから、その物や人に対して愛着がわき、達人とまで呼ばれる成果をだすことができるのですね。  きれいになった教室で明日は2学期最後の授業、明後日は学活・学年集会、23日が終業式です。

吉川中学校

1月27日(金) 吉川中の校舎内はたくさんの樹木が開校から植えられています。今年度新設された科学部の活動の一環として、樹木に「名札」をつける作業をおこないました。名前だけではなくどの科に属しているかなど詳細に書かれています。そしてこの度、全樹木に名札をつけるのが完成いたしました。日ごろから「見たことあるけど名前は知らない」樹木がたくさんあります。そのような疑問の解決につながる今回の科学部の取組、ありがとうございます。  
1月25日(水) 本日の朝は、昨日夜からの雪予報による路面凍結が心配されました。安全確保のため朝の部活動を中止し、安全に気を付けて時間に余裕をもって投稿するように伝えましたが、本日遅刻する生徒もほとんどおらず、みんな元気に登校することができました。教室でも素早く着替え朝読書をしている様子、写真でもわかります。 生徒には時間を守り安全に登校することができる「タイムマネジメント」の力、今後も持ち続けてほしいと思います。    
1月21日(土) 1年生が夏休みの課題として初めて取り組んだ「埼玉住み心地の良いまち大賞」。吉川市のいいところを一枚の紙にまとめる課題です。生徒たちはレイアウトを考え、「SDGS」「銅像モニュメント」「駅」などさまざまなテーマで吉川市をまとめていました。その表彰式がさいたま市で行われ、優秀賞1名、奨励賞3名が吉川中から選ばれました。あわせて、吉川中が優秀団体賞に選ばれました。土曜日ということもあり、3名のみの出席でしたが、生徒は堂々と表彰式に臨んでくれました。吉川市を総合的な学習の時間や社会科の授業の中で取り上げる1年生ならではの取組。来年度も継続していきたいと考えています。
1月20日(金) 3年生、帰りの会の前に3階学年フロアを使い、日曜から始まる埼玉県私立高校入試に向けた直前確認会を行いました。進路担当の先生から当日気をつけることなど詳細についての確認をおこないました。あわせて公立高校についての説明もおこないました。その後、保護者にはその説明会で話した内容を文書にして保護者メールにて送りました。埼玉県の私立高校の受験は22日~24日が集中日です。今後も学校が保護者が連携しながら進路達成に向けて取り組んでいきます。  
1月19日(木) 本日より「彩の国かがやき教師塾」の受講生が実習生として吉川中学校に勤務することになりました。この受講生は「来年度まで1年間かけて学校で勤務しながら教師としての資質を高めていく」という埼玉県教育委員会が新しく始めた事業で選ばれた大学3年生です。今年度は毎週1回程度学校で勤務します。 本日は3年生職員が朝の会終了後、学年集会を開き、実習生を紹介しました。その後生徒から「どのように実習生になるのか」「部活は何をやっていたか」など積極的に質問がありました。授業見学の後、部活動の指導にも携わりました。  
1月17日(火) 吉川中では、8時15分に「着替え等を完了し、席に着く」ことを徹底しています。生徒たちはその時間に合わせて登校もしくは部活動の朝練を終了し、タイムマネジメントをしています。 三学期に入り、その15分着席が守られていない生徒が増えてきたことを危惧した1年学級委員が廊下に立ち、15分着席の声かけをする取組を16日から始めました。積極的に声をかけているおかげで、急いで準備し、着席が改善されてきているのは明らか。生徒同士で声かけをおこなうことが一番の効果だと実感する出来事でした。    
1月16日(月) いよいよ明日から私立の高校入試がスタートします。まずは千葉県の私立高校入試からです。3学年では今日の昼休みに、千葉県の私立高校を受験する生徒を集めて直前確認会を行いました。進路指導担当の先生から日程や持ち物の確認など、細部にわたる確認を行いました。参加した生徒は集中して聞いており、やる気がみなぎっている様子が伝わってきます。日曜からは埼玉県・東京都の私立高校の入試も始まります。 吉川中では、今後も感染防止等を怠らずに学校生活をサポートしていきます。
1月12日(木) いつもの授業風景が戻ってきました。今日からは5時間授業とはいえそれぞれの教科の授業がスタートです。確かめテストの返却を行うクラスもあれば、冬休みの課題の提出・確認をおこなう授業もありました。中にはあらたな掲示物を作成している授業も。 生徒たちは、通常の生活にすぐに順応し、集中して授業に取り組んでいます。 明日以降も校内での感染予防を徹底しながら、授業を進めていきます。  
1月11日(水) 本日から給食が始まり、5時間授業となります。午前中は各学年の計画に沿って、集会を行ったり、確認テストを行ったり、3学期の抱負を記入するプリントを作成したりと盛りだくさん。そして学期始めに必ず行うのが発育測定です。これは成長期の生徒たちの様子を把握することとともに健康相談にも対応するという重要な役割があります。生徒たちは、一言も話さずに整列して待機し、迅速に測定を行うことができました。そして午後からは避難訓練。もしもの事故にも素早く対応できるように避難経路を確認しながら校庭に避難することができました。水消火器を使った訓練も行い、本当に密度の濃い一日となりました。  
1月10日(火) 3学期もスタートしました。各学年とも元気に登校する様子が見られました。3学期の始業式もリモートで行われました。各学年の代表者のスピーチでは「駅伝を通して諦めずに挑戦する心を学んだ。この気持ちを持ち続けたい」「文化祭のピアノ伴奏を勝ち取るための努力を家庭学習にも生かしたい」「今までにできていたことを当たり前のようにできるようになること」といった決意が述べられました。校長先生からは「考える・蓄える・伝える力が9か月を通した成長した姿を是非学校で見せてほしい」という話をしました。その後2名の生徒の表彰を行いました。 始業式の後は、清掃と1時間だけ学活を行い、10時半には放課となりました。 三学期も学校の中で子供たちの成長が発揮される場面をたくさん作っていきます。  
1月6日(金) どの部活動も6日までに本格始動し、生徒たちの活気ある声が学校に戻ってきました。校庭ではサッカー部、野球部、陸上部、ハンド部、女子ソフトテニス部という「外部活オールキャスト」で活動を行っています。武道場は剣道部が、体育館はローテーションがありますので、一斉にというわけではないですがほとんどの部が活動を行っていました。 休養日をしっかり確保しながら今年も吉川中は部活動を頑張っていきます。  
1月4日(水) 2023年の学校もスタートしました。学校を見渡すと、本日からさっそく剣道部と野球部が「部活始め」をおこない、生徒たちの元気な声が武道場・校庭に響いていました。写真にありますように、快晴で素晴らしい2023年のスタートとなりました。 始業式は1月10日(火)。リフレッシュした生徒たちが元気に登校してくれることを願っています。  
12月23日(金) 終業式がリモートで行われ、2,3年生代表の生徒と生徒会代表の生徒が作文を読みあげました。校長先生からはそれぞれの学年の「成長」を感じたところを具体的行事を通して話をしました。3学期は9か月分の成長がみられる場にしてほしいという3学期に向けた願いも話をしました。その後、表彰式では文化的行事・体育的行事に分けて行い、数多くの生徒が表彰を受けました。 1月10日(火)から三学期がスタートします。生徒たちにとって実り多き三学期になることを願っています。  
12月21日(水) 終業式まであと3日。校舎内もクリスマス仕様になってきました。作成は特別支援学級の生徒たち。校長室の掲示板の飾りつけに始まり、2階職員室前のクリスマスツリー、特別支援学級の壁面掲示板など、色とりどりのクリスマスが彩られています。 25日のクリスマスは日曜なので学校はありませんが、生徒たちには楽しんでほしいと思います。  
12月16日(金) 4時間目の1年生の数学の授業では4組と6組の合同授業。リモートでクラスをつなぎ、それぞれクラスで考え出された図形の面積を求める「解法」をリモートを通じて発表しました。それを踏まえてさらに深い学びへとつなげていく授業です。2クラス合同で教室が離れていてもそれぞれの発表を共有することができるので生徒たちは深化した学びを続けることができました。 今後もこのようなICTの良さを活用した授業を紹介していきます。  
12月14日(水) この日は2学年の保護者会。約100名の保護者に参加いただきました。校長先生からは「校外学習での成果」「3学期を進路に向けて一歩踏み出すチャンスと捉え、ご家庭で少しでも話す機会を作ってほしい」という話がありました。また、学年の先生方からは様々な場面で「学校の顔」となってきている二年生の様子について話があり、来年の修学旅行・高校入試についても説明を行いました。保護者の皆様は大変集中して耳を傾けていました。校外学習など様々な行事を成功させてきた2年生。三学期も期待しています。    
12月13日(火) 6時間目は1学年の保護者会。約100名強の保護者の方に参加いただきました。二学期は合唱コンクールや校外学習など行事を通して成長の跡が見られたことなど、校長先生や学年主任の先生からお話がありました。また、資料には学級委員の率直な感想なども掲載されており、生徒目線でのクラスの様子がよくわかります。生徒が毎日記入するスケジュール帳(スコラ手帳)を上手に使用している生徒の発表もありました。 生徒には保護者の方にサポートしていただき、充実した冬休みを過ごしてほしいと思います。  
12月7日(水)〜12月13日(火) 3学年の各クラスでは、給食の時間を使って、給食の大切さ・栄養のとり方について学習する「栄養指導」が行われました。生徒たちは給食を食べながら、給食における栄養についての学習や夜食をとることなどについて、吉川市の栄養士の方からの授業を受けました。給食中の授業でしたが、生徒はしっかり聞くことができていました。夜食は気分転換やリラックスにはいいが、栄養的には必要ないこと。就寝二時間前までには食べ終わることなど具体的に教えてもらい、受験生である3年生にはありがたいお話でした。  
12月8日(木) 2学年の校外学習が無事に終了しました。吉川美南駅からグループで出発した生徒たちは東京駅で全員集合し、その後行動計画書に沿ってグループ行動をおこないました。天候にも恵まれ、大きなケガやトラブルもなく、電車の遅れなどに臨機応変に対応していました。写真にもありますがチェックポイントでの充実した表情にあらわれています。ただ、計画の甘さから大幅に遅れてしまった班もあり、来年の修学旅行に向けた課題も見つけました。 計画段階から生徒が主体的に活動していたのは大きな収穫です。2年生頑張りました!  
12月6日(火)~8日(木) 3年生の理科の授業の一環として、吉川市児童館ワンダーランドにプラネタリウムを見に行きました。ワンダーランドは歩いてすぐのところにあり、1時間の授業で行き帰りが可能です。クラスごとの見学では、館長さんの丁寧な説明を聞きながら、心地よい音楽とともに星座の世界を体感することができました。北極星が実は動いていること。星座の見え方・種類などわかりやすく学習できました。当日は児童館に久々に入った生徒が多く、懐かしんでいる様子も見られました。吉川中では、今後も地域を活用した授業を展開していきます。