日誌

2016年12月の記事一覧

冬休みの東中②

 木枯らし吹く中、サッカー交流会が東中で開催されています。参加校は、東京から明大中野中、桐ヶ丘中、クラブチームのリオFC、そして東中です。外の力を知る絶好の機会です。たくさん吸収し、自分の成長に繋げて下さい。川口戸塚中も参加予定でしたが、インフルエンザで急遽不参加となったそうです。
 

冬休みの東中①

 3年生担当の職員は、朝早くから生徒に渡す進路関係書類の最終確認をしています。時間になり、3年生が続々登校してきました。グランドでは部活動の生徒が、寒さ厳しい中熱心に練習を行っています。練習試合などで他校に行っている部活動多くあります。申年の学校も残り3日となりました。「光陰矢のごとし」です。体調には十分気をつけて下さい。
 

2学期終業式

 どの生徒も終業式に相応しい、服装・態度で臨むことができました。校長先生からは、行事・部活動を通して生徒達が築いた「絆や信頼」についてお話がありました。代表生徒からは、「光陰矢のごとし」のことわざを引用し、時間を有効に、今を大切に生きることや、3年生の姿をお手本に、今後頑張っていきたいという思いが伝えられました。美しい校歌も響く、素晴らしい終業式でした。みんな、よく頑張りました。
   

年末大掃除

 給食最終日の火曜日は大掃除dayでした。東中の生徒達は、ボランティア活動にも多数参加実績のある働き者ぞろいです。生徒達は、職人さんのように細部まで磨き上げ、大掃除は活気にあふれていました。みんなのおかげで、学校も気持ちよい新年が迎えられます。どうもありがとうございます。
   

2学期給食最終日

 給食最終日は、お楽しみ給食です。可愛らしいパッケージのケーキがデザートについています。クラスを訪れると既に「いただきます」体勢に入っていました。いつもながら素早い給食準備です。時間は確保されました。ゆっくり味わって食べて下さい。3週間、しばしの間給食とお別れです。
    
パッケージを見つめる生徒たち   中から、「そり」にのったケーキが登場         

12/19 市長・教育長報告会

 「いっしょに読もう!新聞コンクール」の受賞報告で、校長先生と生徒3名が市役所を訪問しました。全国審査優秀賞と埼玉県審査優秀賞の快挙を成し遂げた3名の生徒は、記事の選定動機やこの受賞に関しての思い等を市長様や教育長様に報告しました。お土産になまりんのマスコットをいただき、記念写真もパチリ。貴重で名誉ある体験をしました。
  

凍結防止に一役

 寒い季節になり霜が降りると、校庭の使用に制限がでます。そこで、凍結防止対策として塩化カルシウムをグランドに散布します。このときいつも手伝ってくれるのが、野球部とサッカー部の生徒たちです。下校時間が早く、活動時間も短い中、積極的に作業に参加してくれました。散布したこの日は、北風が強く、寒さが厳しい中での作業でした。大変助かりました。ありがとうございます。
   

1年生 自然教室に向けて

 来年1月17日に向けて、自然教室の準備が急ピッチで進んでいます。しおりの作成など外枠をガッチリ整えるのと同時に、行事の意義確認など内面を整えている真っ最中です。4階の廊下には訪れる土地を研究した自然教室新聞が掲示されています。道徳の時間では、集団生活への意識を高める授業が行われています。行事を成功させようと、みんなで頑張っています。
 

12/15 校長室表彰続く

 今日も、たくさんの生徒が校長先生から賞状を受け取りました。「一人ひとりの頑張りに、『おめでとう』と直接賞状を渡したい。」そんな気持ちから始まった校長室表彰です。生徒は、昼休みや放課後に校長室前に集合し、緊張して校長室に足を踏み入れます。今回は賞状の枚数が100を越えたため、3日間の時間を要しました。生徒のみなさんが、とっても頑張ってくれたからこその時間です。喜ばしい時間です。
   

12/15 書道

 この時期には、書き初め練習が国語の授業で行われます。作品は校内で選考されたのち、冬休みの練習会を経て、展覧会に出品されます。どの生徒も「書」と真剣に向き合い、神聖な空気が会場を満たしています。ある書家は、「美しい文字には、便利さ以上の価値があります。」と言っています。 「書」の美を表そうとする芸術が「書道」です。満足できる「書」を完成できたでしょうか。