お知らせ

【重要】臨時休業日の延長について (4月8日 9:00現在)

吉川市教育委員会より連絡が入りましたので、お知らせいたします。

5月6日(水)までを臨時休業とし、学校再開については、その時の状況によって判断します。

※児童の受け入れは4月9日(木)からも継続して実施します。

 詳細は、本ホームページにて本日中にお知らせします。

 詳細情報はこちらです。→ 【吉川市教育委員会】臨時休業日の延長について.pdf

 

【重要】臨時休業日・児童預かりについて詳細情報 (4月8日 10:30現在)

吉川市教育委員会より連絡が入りましたので、お知らせいたします。

なお、児童預かりにつきましては、「緊急事態宣言が発令され、外出を極力控えることが要請されてい

ることを鑑み、ご家庭にて児童の預かり等を検討していただきますよう」お願いいたします。

詳細情報はこちらです。→ 【吉川市教育委員会】臨時休業日・児童預かりについて.pdf

・検温をしてからお連れください。検温をしていないお子さんは、受け入れることができませんので、ご注意ください。

※必ず保護者の送迎をお願いします。

  

 

臨時休業期間中の体力づくりについて

今、学校は臨時休業期間中となっています。外に出ての運動等がなかなかできないなか、体力も有り余っていることと思います。埼玉県教育局では「彩の国 体づくりチャレンジプログラム」というものを紹介しています。ストレッチ等の運動が紹介されていますが、ストレッチはしっかりと行うほどより高い運動効果が期待できます。お家の人と一緒に行うのも一つの方法です。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。ホームページは以下の通りになっています。

体づくりチャレンジプログラム

 

臨時休業期間中の学習支援も紹介されています

今、学校は臨時休業期間中となっております。世間では、問題集やドリル集が売れているというニュースも流れていますが、埼玉県教育局の方では「子どもの学び応援サイト」というものがホームページ上に載せられています。よろしければ、一度ご覧になっていただきお家での学習していただくのはいかがでしょうか。

ホームページは以下のようになっております。

学習支援コンテンツポータルサイト

 

 

 

臨時休業中の生活について

・不要不急の外出を避け、健康管理に気を付けて生活してください。

・規則正しい生活と、バランスの良い食事で体調を整え、健康に過ごせるようにしましょう。

・「家庭学習チャレンジ」を活用して、進んで学習に取り組みましょう。

 

中曽根小学校いじめ問題への組織的対応マニュアル

新着情報
QRコード
携帯電話はこちらの
QRコードからご覧に
なれます。
       ↓
日誌

令和元年度学校ブログ

卒業証書授与式が行われました

本日卒業証書授与式が行われました。例年とは違った卒業式でしたが、無事行うことができました。担任の先生による心温まるメッセージ・・。校舎内には久しぶりに子供たちの元気な声が響き渡りました。本日は、ご卒業おめでとうございます。また、ご理解ご協力の方いただきありがとうございました。

卒業証書授与式が行われました

本日は、卒業証書授与式が行われました。新型コロナウィルスの影響で例年とは違った卒業式となりましたが、無事に行うことができました。担任の先生のあたたかい言葉によるメッセージ・・。校舎内には久しぶりに子供たちの明るい声が響き渡りました。学校行事にたくさんのご協力をいただきありがとうございました。ご卒業おめでとうございます。

臨時休業中の児童の受け入れについて

現在、臨時休業に伴う特別な場合による学校の受け入れを行っておりますが、学期末の対応は下記の通りになりますのでお知らせします。 

 

・3月24日(火)は卒業式のため、学校での受け入れはありません。

・3月25日(水)、26日(木)は、8時30分から12時までです。

※詳しくはこちらをクリックください。臨時休業に伴う特別な場合による学校の受け入れについて.pdf

3年生の珠算教室がありました。

本日は、3年生の珠算教室がありました。1と9、2と8など10になる組み合わせを意識して行うことや、玉の払い方などを中心に教えていただきました。デジタル化した今日、そろばんの学習における重要性は注目されつつあります。児童みなにとっては普段あまり触れることのない貴重な機会となったことでしょう。

体育朝会とクラブ発表会がありました

昨日、体育朝会と器楽クラブとバトンクラブによる「クラブ発表会」がありました。体育朝会では全校をあげて、「3分間縄跳び」に取り組んでいます。クラス単位で声をかけあい元気に取り組む姿が見られます。また、クラブ発表会では、器楽クラブとバトンクラブの発表に思わず「すごい」という下級生から声があがりました。